金曜日ですが、何故か木曜会です。

 金曜日ですが、都合で尾鷲商工会議所/木曜会が開催されました。今日のテーマは、㈱おわせ木楽屋/代表取締役 福西賢一郎さんを講師に、「木の家に住みたい人、80%の理由は」として、尾鷲ひのきや杉などの無垢の良さとか、長持ちさせる方法などを説明したあと、エコや人間との調和(アレルギーなど)の関係などを話し、在来工法による木の家の良さを具体的に証明してくれました。
 小生の家は、どちらかと言えば「そんな家」なので、あらためて木の家でよかったと思ったことと改築時に気をつけるところをチェック出来たような感じでした。

 やはり、会合などは出席していると何かと得るものがありますが、前回の議長職の時も1年間で半分くらいしか出席していなかったくらい、産婦人科医師問題などで多忙極めました。どうも小生の星回りは山の頂を下り谷底のときに、議会であれ、イベントであれ、様々な会の代表職の大役が回ってくるようです。

 人生において、修行させていただいていると感謝し、誠実に務めることが、あとに歴史を作ってくれることだと何事も気を抜かずやっていこうと思います。

 尾鷲商工会議所の前にある念仏寺の境内の藤の匂いに誘われて、スケッチと言うことで・・・

e0111346_19514622.jpg

e0111346_1952205.jpg


 遠方に見えるのは、天狗倉山です。

e0111346_19533643.jpg

e0111346_19541059.jpg

 躑躅も満開です。

e0111346_19544510.jpg

e0111346_1955653.jpg


 あとがき・・・

 奥田市長に不信任決議書を提出してから4日が経ちました。この先、奥田市長が議会を解散させるのか、それとも自ら辞して出直し選挙を望むのか、小生が答えられるのものではありませんが、毎日議会へ出かけています。
 議長室を留守にするわけにもいかず、かといって何も計画は立てられず、訪ねてくる議員との情報交換や、「議会が解散された」場合の政治空白に備え、小中学校の耐震問題など施策推進のための対応策について、それぞれ担当課の相談を、地方自治法の範囲で解釈できる取り組みを協議したりしているような日課が続いています。

 今回は、特別採決で不信任決議がとられましたので、議長と言えども議決に賛成した身ですから奥田市長の決断を粛々と待っているのが現状です。
 奥田市長に対する議会の決議に対して、市長を続ける気でいる限り、市民のみなさんに信を問うていただくことは避けて通れず、市長選(市長候補対市長候補の図式が想定される)は勿論のこと、市議選(奥田市長対市議候補の図式が想定される)にしても、結局は「奥田市長を信任するか、否か」のみの奥田市長との完全な対峙選挙となって行くことは避けられず、議会が行なう「不信任議決」は、リコール(解職請求)と同じく、終局は市民の皆さんが決めるシステムへとなっています。

 ですから、市民のみなさんが判断し易く、政治空白期間、或いは選挙費用など一番納得のいく方法で結論を出していただくことを考えるのが肝要だと思われます。当たり前のことですが、これから、住民を中心とした市政として、やり直す時ですから・・・


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-24 20:26 | ミキカズの活動日記

<< 古江アクアステーションで「海洋... チビッコ大集合 in アクアス... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE