尾鷲発、日本で一番暑い日。

 太平洋高気圧に覆われた東海地方では13日、尾鷲市の最高気温が今夏全国で最も高く、同市での観測史上2番目となる38.0度だった。

 正午頃に炎天下の駐車場へ行くと、丁度風呂に入っているような「ふぁっ」とした感じと、窓を閉じてあった車両ではハンドルやドアの部分など熱で触れられないくらいであった。

 日本気象協会や津地方気象台によると、この日の全国の最高気温は、尾鷲市に続いて群馬県伊勢崎市で37.2度、前橋市で36.5度だった。尾鷲市では1995年8月27日に観測した38.4度に次ぐ記録で、7月としては過去最高タイ記録の気温だった。

 雨ばかりか、気温も日本でもトップランクの数値を記録するくらいなのに、町のありさまはと言うと・・・。本来なら「まちの活性化」で日本で一番暑い日にしたい!


 また、三重県下でも、尾鷲市に次ぎ熊野市や津市など35.0度以上を観測した猛暑日であった。平年より3~9度高かったようである。気象協会では「暖かい空気に覆われたうえ、南西からの風によってフェーン現象が起き、気温が上昇した」と分析している。


 これまででもフェーン現象でのこんな暑い日は経験しているが、これが地球温暖化だったりしたらと思うとゾッとする。こんなことを想像すると「全国森林環境税の創設」に対する国民の総意を早く得たいものである。

 山村がなくなる・・・、森林がなくなる・・・、日本にとって森林は、CO2の削減だけではなく、保水や海を守る、そして災害から生命を守るべく欠かせない国土の姿である。その姿こそが日本人が生きていくためのごく自然な環境なのである。

地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキング、☑はここから・・・029.gif        
三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキング、☑はここから・・・056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-07-14 04:58 | ミキカズの四方山話

<< 尾鷲市水道水源保護審議会と環境問題 野田勇喜雄/三重県議会副議長の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE