市長不在のなかで、第3回臨時会が開催される。

 依然として、市長不在のままですが、「三重県ふるさと雇用再生特別基金事業」と「三重県緊急雇用創出基金事業」による一般会計予補正算(第5号)を議案とした、第3回臨時会が開催されました。

 この2つの事業について、「三重県ふるさと雇用再生特別基金事業」では、魚あら・未利用魚の有効活用システム研究事業4,725千円と地域資源「尾鷲海洋深層水」温浴活用進化事業4,620千円で、「三重県緊急雇用創出基金事業」では、海洋深層水活用型水産物(ハバノリ・アワビ)陸上養殖事業1,260千円、尾鷲市公共水路等清掃事業2,377千円、高齢者緊急連絡カード整備事業1,015千円、子ども携帯電話・インターネット問題サポート事業1,073千円で、総額15,070千円(県補助金)が補正予算として計上され、原案通り採択されました。

 
 また、報告第18号の「専決処分事項の承認について」では、補正予算(第4号)として今月19日告示される市長選挙の費用15,087千円が原案どおり採択され、報告第19号・20号の「専決処分事項について」(公務時の職員による交通事故(対物)による損害賠償の額の決定)が報告され会議が閉じた。

 市長職務代理者より、補正予算が承認され次第、事業着手したいとの申し入れから臨時会開催となったが・・・
 「市長不信任」や「議会解散」という無駄にて、不名誉な出来事が起きた尾鷲市では、市長が不在のなかで本会議が開催されるという前代未聞のことが、また起こったのである。

 しかし、これ以上、市政を停滞させるわけにもいかず、止もう得ないのである・・・

 地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキング、☑はここから・・・029.gif        
 三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキング、☑はここから・・・056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-07-15 16:08 | ミキカズの活動日記

<< 皆既日食が近づいています。 尾鷲市水道水源保護審議会と環境問題 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE