お盆です・・・

 昨日13日は、お盆ということで夕方お墓参りをし、迎え火を焚いた。

e0111346_18534095.jpge0111346_1854178.jpg

 我が家のしきたりは、ほぼ三木浦スタイルを踏襲している。そんなんで家紋入りの提燈なども今住んでいる新町では珍しいようであるが、三木浦へ行けばどの家でも家紋入り提燈を軒先にかけご先祖様を迎えている。

 もしかして、三木浦のように大多数が「三鬼」を名乗っていれば家紋ぐらいが一族を記しているくらいなのかもしれない。当家の家紋は、「丸に九枚笹」でその関係については定かではないが、清和源氏の流れをくむ家紋のようである。

 三木浦の城主であった三鬼新八郎が城を追われたときに、南朝の末裔が討たれたとの謂れのある奈良県上北山村まで落ち延び、そこで絶えていることなどから源氏に関係する一族だったのかもしれない・・・

 お盆の行事は、日本人が一番守り続けていかなくてはならないその土地らしさが分かる風習だと思う。


 話が少しそれるが、30才代の頃のお盆といえばもっと忙しかったように思う時がある。墓参りや盆中のお供え、或いは親戚の家へのお参りを行い、子どもたちが小学生を卒業するまでは彼らの友達まで連れて、毎日のように三木里海岸や新鹿海岸へ海水浴に連れて行ったり、銚子川での川遊びなどで、それもゴムボートを用意したりビデオ撮影をしたりで、相当自分自身がタフのようであった。
 それに盆以外でも、子どもらの夏休みにはキャンプをしたり、バーベーキューなど多いときは20人位が集まり騒いでいたように思う。そのテントや食器などの道具が、今でもすぐにでも取り出せるように物置に残っている。

 そんなことを回想している今の自分はといえば、行動的には少し不健康にゴロゴロしているだけのようで、孫がその年齢になったら・・・と思うものの、小生のタフさは伴わないようになってきた。
 まぁ、そこは息子らが受け継いでいくだろう・・・、本当に若い日には、その遊びの計画や準備すること、そのものが楽しい遊びだったように思う。


記事を読まれたら、「にほんブログ村」人気ランキングもチェックを!!
 地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキングは、ここから・・・  029.gif        
 三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキングは、ここから・・・  056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-08-14 19:10 | ミキカズの四方山話

<< 精霊送り 議場の扉 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE