『ハローワーク尾鷲』で勉強会です。

e0111346_125634100.jpg 今日の午前中は、ハローワーク尾鷲(小出政彦所長)で『有志で勉強するかい!』です。
 座長を務める南 靖久議員に依頼していただき、尾鷲市を中心とした雇用の実態や諸々の支援制度について勉強させていただきました。

 総務省が発表した7月現在の日本の完全失業率は5.7%で、人数にして359万人、前年度同月比で103万人も増加しています。「景気がやや上向いてきたようだ」と言っても、「雇用の悪化は否めない」と個人の問題が解消する方向へは、まだまだ程遠いようです・・・、
 だから先般の衆議院の総選挙で、民主党が掲げた「政権交代」と言うビジョンとその方策であるマニフェストに、国民は変革を託した結果なのではないでしょうか。国の構造改革については引き続き必要であるが、その方策において「高速道路の無料化」や「子育て支援」或いは「官僚政治から脱却」など、大衆向きなフレーズが自民党のそれよりも分かり易かったようです。もちろん、その方策の先にある結果を期待しているのも多くの国民です。

 さて、有効求人倍率に目を向けますと、全国平均で0.42倍で三重県では全国で25位の0.39倍と悪い状況が続いています。ですが、尾鷲管内では0.56倍と県下2位(1位は津で0.57倍)となっています。現状の人数は求人が442人分で、求職者は748人です。
 
e0111346_13221319.jpg

 一通りの現況説明の後は、雇用安定のための事業主への給付金制度や雇用保険について、改めて勉強することになりました。
 
 雇用安定のための事業主への給付金制度では、「特定就職困難者雇用開発助成金」や「高年齢者雇用開発特別奨励金」、「試行雇用奨励金」、或いは「介護未経験者確保等助成金や中小企業緊急雇用安定助成金」「中小企業定年引上げ等奨励金」の詳細な説明と具体的な活用方法などが紹介されました。

 
 小生と内山鉄芳議員は、この後も会合があるので1時間の参加でしたが、南 靖久議員・中垣克朗副議長・濱口文生議員・北村道生議員・真井紀夫議員・田中 勲議員は引き続き熱心に聞き入っていました。

 参加者の質問では、やはり雇用の実態と身障者の雇用実態や、雇用安定のための事業主用給付金の現況についてなどを伺う議員が多かったように感じました。


記事を読まれたら、「にほんブログ村」人気ランキングもチェックを!!
 地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキングは、ここから・・・  029.gif        
 三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキングは、ここから・・・  056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-09-04 13:41 | ミキカズの活動日記

<< 尾鷲市議会議員OB会の総会が開... 第25回全国尾鷲節コンクール出... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE