第3回定例会のための議会運営委員会が開催されました。

 8月28日に第2回定例会が閉じられたばかりですが、何とか遅れている市政の日程を取り戻すべく、早々と第3回定例会が開会されます。

 今日は午後1時から、そのための議会運営委員会(南 靖久委員長)が開催され、今定例会に上程される、3億2千101万円を追加し総額90億5千511万円とする一般会計補正予算案など9議案と報告2件について、概要説明が行われ承認された。
 また、会期についても、9月14日(月)から10月8日(木)までの25日間が決められた。(詳しい日程は、ミキカズの予定表を!)

 提案された議案のうち、平成20年度一般会計決算等の審査を行うための決算審査特別委員会設置については、議長として「政権が変わり新政府では財政の見直し等が想定されることから、この際当議会においても予算審査には全議員がその任に当たっていることから、決算においても費用対効果や無駄をチェックする意味でも、議長と議会選出監査委員を除く全議員で委員会を構成していただき審査していただきたい」と提案させていただき了承されことから、ほぼ全員での委員会を設置していただくことになった。
 このことは、ベテラン議員に混じって新人議員等も加わることから、審査に関して、あるいは質疑応答に関して、ベテラン議員はよき模範を、そして経験の少ない議員は積極的な取り組みをし、お互いが度量を磨いていただき、そして議会の威厳を高めていただきたいと願うのである。

 また、上程議案に関連して、副市長や教育長(議会では教育委員を選任し、教育委員によってその中から教育委員長と教育長【常勤の行政職】が選任される)の人事に関して、濱口文生委員より「教育長との噂が出ている人もいることから、今定例会での人事案件について議案上程の予定はないのか」との質問に対し、岩田昭人市長は、「10月の中旬までには何とか決めたいので臨時会の開催をお願いする予定」と答えた。
 濱口文生委員は、「教育関係の新型インフルエンザ対策などもでてくる。早く対応すべきだ」と要請した」のであった。
 南 靖久委員長は、「市長のしっかりした責任で対応(選任)をしてもらいたい!」と、教育長候補者とされる方の言動などの噂が気にかかるのか、巷で情報が先行していることに不快感を示す発言をした。

 田中稔昭氏が教育長を辞任し、9月末日をもって北沢雅臣教育委員長が4年の任期満了となることから教育委員2人が欠員となる。

 最近の教育現場では、かなり難しい問題が多いようで、小生ら一部の議員で教育長として評価の高かった田中稔昭氏の辞任について、再考願うよう申し入れを行っていたのだが、本人の意志も固く、またこれらは任命権者である市長の問題でもあり、惜しみつつも任期途中でのこのような結果となった。あくまで人事権は市長ではある・・・、
 しかし、できることなら教育者とし実践を踏み、またその現場に精通して教育に対する持論を有する人物、そして学校人事や教育施策が伴うことから、教育行政に明るく、将来の尾鷲の教育を築いてくれる人はいないものなのか?と多くの議員が案じているのである。

 同時に、副市長人事も関心の的である。これまでの民間人や議会出身の首長と違い岩田市長自ら県職OBであるのに、副市長人事を県に委ねるのか?それとも、市政運営的な意味合いからの人選か、あるいは政策的な位置づけからの人選か?が、注目されている。

 何と言っても、長の権威は人事権と予算執行権によって主張されることから、副市長や教育長の人選については、議会も職員も、そして市民も大きな関心を持って見守っているには違いない・・・

 もちろん、小生、議長として何の相談(あくまで、議案上程に対してである)も受けていないので、副市長や教育長人事については、まだ白紙なのだろう・・・

記事を読まれたら、「にほんブログ村」人気ランキングもチェックを!!
 地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキングは、ここから・・・  029.gif        
 三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキングは、ここから・・・  056.gif




議案は、
 第42号 平成21年度尾鷲市一般会計補正予算(第7号)の議決について
 第43号 平成21年度尾鷲市水道事業会計補正予算(第1号)の議決
       について
 第44号 平成20年度尾鷲市一般会計歳入歳出決算の認定について
 第45号 平成20年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の
       認定について
 第46号 平成20年度尾鷲市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算の
       認定について
 第47号 平成20年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の
       認定について
 第48号 平成20年度尾鷲市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定 
       について
 第49号 平成20年度尾鷲市病院事業特別会計決算の認定について
 第50号 平成20年度尾鷲市水道事業特別会計決算の認定について

報告は、
 第22号 平成20年度の健全化判断比率と資金不足比率の報告
 第23号 専決処分事項について(損害賠償額の決定)
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-09-07 20:01 | ミキカズの活動日記

<< 藤田大助衆議院議員が尾鷲市議会... 東南海・南海沖地震による津波を... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE