一般質問が行われました。

 市政の遅れを取り戻すために、9月から10月を跨いでの第3回定例会は、5日間ものシルバーウィークなる大型連休を挟んでいることから会議の日程が変則的なこともあり、気持ちを持続するのに議会側も執行部側も神経を使うような按配である。

 一般質問も、18日(金)に一番手の端無徹也議員が行ってから、今日、やっと2番手の大川真清議員から再開されました。

e0111346_1814935.jpg

e0111346_1821780.jpg

 質問内容については、以前に記事にしているので割愛するが、3番手の三林輝匡議員とともに新人2人は第2回定例会に引き続き登壇しており、この先も議会活動の大きな方策として一般質問を怠らないように期待するのである。

 午後からは、與谷公孝議員と北村道生議員が登壇し、今日は全員で4人の議員が一般質問をおこなった。
 
 明日も10時から、南 靖久議員と神保美也議員が登壇し、其々、岩田昭人市長に問うのである。


 休憩時間に、三重紀北消防組合/山口浅明消防長が議長室へやって来た。昨年12月に車検が切れた消防ポンプ車を今月半ばまでの9ヶ月検査を受けていなかったことを報告である。市民の生命や財産を守る使命を持つ立場であり、市民に対して著しく信用を失墜することから、この職務怠慢について監督及び管理責任に対する厳重な注意をするとともに、こういった初歩的なミスを再発しないことを強く促した。もちろん、厳重な処分を要することも当然であり、そのことも促すこととなったがこれらは管理者側が考えることである。
 管理者側と議会という二元代表という立場で言えば、前回の尾鷲中学校教諭のテスト問題事件といい、本来は、管理者である岩田市長自らが担当者を連れて報告に来るべきが本来であろう。就任間もないとは言え、どうも、突発的な問題に対する判断や初動行為の取り方が不慣れのようである・・・

 また、尾鷲消防署に所属する車両であることから、特に尾鷲市議会選出の消防組合議会議員である真井紀夫議員、高村泰徳議員、神保美也議員への報告も山口消防長に示唆させていただいた。


 本当に、尾鷲市における不毛の1年数ヶ月である。緊張感に欠けているのか、当時の市長の税理士兼業という法律違反に始まり、中学校教諭によるテスト問題の持ち出し、そして今回の車両検査を怠っていたことなど著しく社会性欠ける事件が続いている。
 常在戦場を忘れているのではないか! 同僚議員もつぶやいていたが、皆がもっと緊張感を持つべきである・・・

 
記事を読まれたら、「にほんブログ村」人気ランキングもチェックを!!
 地方議会議員の活動ブログ/全国人気ランキングは、ここから・・・  029.gif        
 三重情報(尾鷲発も多数あり)ブログ/人気ランキングは、ここから・・・  056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-09-24 19:26 | ミキカズの活動日記

<< 『創作尾鷲さんま寿し』の橋本屋。 【彼岸花】、別名を曼珠沙華とか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE