尾鷲市議会流の二元代表制を創る!

 尾鷲市議会では現在、地方自治法の解釈(行政実例)のもと議案(予算)の分割審査を解消すべき改革に取り組んでいる。議長として議会運営委員会(南 靖久委員長・北村道生副委員長)に提案し議論をしていただいているが、特に正副委員長の先進地視察や文献での積極的な調査には、理解力は基より、現在置かれている議会の立場に対する認識の高さを感じる。

 全国市議会議長会主催の研修フォーラムの主たる題材でも取り組まれているように、地方議会のおかれている立場は決して安泰ではないのである。だからこそ、先進的な議会改革の必要性がありその存在を示さなければ市民から置いてきぼりを食うことは否めない!

 こういった議論や議会改革をすすめることが明確な二元代表制の確立を目指すものであり、尾鷲市議会流の二元代表制を創り出すことである。

 契機として考えることは、前奥田尚佳市長に学んだはずである。そう議会ができうる限り議員間の議論し意見の総括を行なうことである。
 議院内閣制ではない地方議会にとっては、議会(議員)は与党でも野党でもないのだから、執行機関と対等な立法(審査)機関として、是々非々の結論を見出してこそその立場を明確にすることであり二元代表制の確立だろうと考える。そして、そういった審査体制や議会の代表(議長等)を中心とした市長との対応をしていかないと、なかなか見えにくい議員活動から議員個々の評価のみを市民から受けることとなるだけである。

 熱心に勉強するものや積極的に活動するものを住民はよく知っているだろうから、今の尾鷲市の現状を考えると個人の切磋琢磨は必要であるが、議会としての価値観を一にした協調性も必要である。そのうえで、市長(執行機関)との切磋琢磨こそが車の両輪を成す礎だといえる。

 これからの議会改革は、あくまで二元代表制に根ざしたものでなければ、議会の存在感はますます薄れることは否めない。議員は個々の能力開発に努め、そしてその調査や自論をもって議会の一員として、市政発展のために執行機関と議論をして行く形の構築こそが二元代表制の進め方であり、現在行なおうとしている当市議会の「これからの予算決算のあり方」は、良き意味で、議会と執行機関が対等に議論し合える場づくりであり、尾鷲市議会流の二元代表制の創出!の一つでもある。

 今後とも歴史認識を尊重しながらも、地方自治法の精神を損なわないことが立法機関である議会の立場であることを認識しながらより開かれた議会の確立をめざそう。


記事を読まれたら、「にほんブログ村」人気ランキングもチェックを!!
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログは、ここから・・・  052.gif
 全国の地方議会議員の活動報告ブログは、ここから・・・  063.gif        
 
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-12-02 12:55 | ミキカズの四方山話

<< 一般質問の通告が行なわれました。 第4回定例会が始まりました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE