夕暮れの尾鷲湾 ~ 回顧録’09 ~

 年の瀬も迫ってきた・・・、いろいろとあった一年だった。

e0111346_1743286.jpg
 
 一年を振り返れば、前市長の税理士法違反での書類送検、このことにより議会は紛糾し日増しにメディアの押しかける回数が増え、市民まで巻き込んだ騒動は三月議会での問責決議、そして臨時会での不信任決議の採択により首長中心で回っていた事態は一変したが、潔さのなかった前市長は議会を解散した。

 しかし解散による市議会議員選挙では立候補した前職が全員当選という結果であった。当然、市長への再不信任決議となり1回目同様3/4以上の議員が前市長を信任しなかった。
 前市長は高学歴を有し、公認会計士・税理士と学力をも持ち合わせた逸材とも一部で言われたくらいだったのに、何故、法律違反までして・・・、その後の潔さ(政治家としての感性)に欠けたのだろうかというのが多くの市民の疑問のようであった。そのことは再び市長選挙に立候補したこと自体も五十歩百歩の疑問であろう。苦労された方とも聞いているが、大きくは社会性に欠けているのであろうとしか言いようがない。

e0111346_1803592.jpg

 そして新たな市長として、岩田昭人氏が当選者となったが、市政が平定を保つには12月までの時間がかかったような気がする。昨年からの前市長と議員との軋轢、1月の税理士法違反による書類送検以降、議会全体との関係は市民に対しても著しくご迷惑をかけたと思われる。

 議長を務める立場で感じたことは、12月定例会の半ばとなったくらいで新体制での市政運営に違和感を持たなくなったと言えるくらいであった。
 
 議会全体も後遺症が残っていたのか・・・、政権交代した新しい執行部、いわゆる市長や教育長などに対する市政方針(施策)や市政運営(行財政計画)など問わなくてはならないことがたくさんあるのだが、まだ、議員の一般質問などでそれらが反映されていないようにも思える。新年からは変えるべきであろうし、変わらなくてはならないと思う。

e0111346_63463.jpg

e0111346_63502.jpg

 時には花のようなあざやかさや優しさも必要でもあるが、今は踏まれても踏まれても立ち上がる雑草の如く尾鷲市のため、市民のために議会が各々議員が理を持ってまちづくりの戦いを市長(執行部)に臨むべきであろう。

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-12-23 18:32 | 尾鷲よいとこ四方八方

<< 三重紀北消防組合議会が開催され... 就労継続支援A型事業所【㈱やき... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE