明日は、尾鷲神社の『どんど焼』です。

 明日15日で「門松が取れる」と言われるように、新年気分も終わりです。小生の生まれた三木浦では、この日までは不祝儀的なものは一切行われませんし、縁起を担ぐ漁師の世界ではお互いが気づかい合うことから狭い土地で多くの住民が風土を重んじ歴史を重ねてきたような気がします。

 その三木浦より、住んでいる歳月が長くなったこの「おわせ」と言われる地域では、都会的なのか意外と合理的なことが多々あります。風土とか文化的には、例えば「注連縄」など三木浦では一年中飾ってあり、「喪に服する家」のみが取り除かれていますから、祝儀・不祝儀が一目瞭然に理解できますが、この「おわせ」では門松と同じ考えのようだと理解すればいいのでしょうか、明日は尾鷲神社で宮司のお祓いのあと、その注連縄などを焼く「どんど火」が焚かれます。

 どんど焼 風景は、ここから・・・

 「郷に入ってば郷に従え」も処世の法ですから・・・、物質的なものや決まりごとよりも「情を持って・・・」「自身の正義」にブレがなければいいのではないでしょうか。

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-01-14 08:17 | ミキカズの回覧板

<< 割烹 つるぎ 『オコゼの活造り』 三重県市議会議長会定期総会に出... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE