紀州徳川廟/長保寺を拝観す。

 海南市視察の折に薦められ、紀州徳川廟である長保寺(ちょうほうじ)へ立ち寄りました。

e0111346_23574529.jpg

 この寺は、長保二年(1000年)、一条天皇の勅願により創建され、鎮守堂(1295年)、本堂(1311年)、多宝塔(1357年)、大門(1388年)といった主要なお堂は鎌倉時代に再建されている。

e0111346_011345.jpg

 和歌山県には国宝建造物が7件ある。その内の4件が海南市にあり、そしてこの長保寺の大門、本堂、多宝塔の3件もが国宝である。

e0111346_0185672.jpg この寺は別名を花の寺と呼ばれているようで、桜の木もたくさんあり、境内には市立資料館や公園が併設されている。
 宗旨は天台宗。

e0111346_0212820.jpg

e0111346_0233576.jpg

e0111346_024520.jpg
 ここでは、海南市教育委員会/生涯学習課の有本勝則課長が小雨の中を案内してくれた。


 寛文6年(1666年)に紀州半徳川家初代藩主頼宣により菩提寺に定められ、山の斜面約1万坪が藩主廟所となっている。

e0111346_0101674.jpg

e0111346_0281213.jpge0111346_0282812.jpg

 上の写真は、初代藩主/頼宣の御廟です。

e0111346_09524.jpg

e0111346_094928.jpg

 第5代藩主/吉宗(第8代将軍)と第13代藩主/慶福(後の第14台将軍 家茂)の墓は東京(江戸)にあるとのこと。

e0111346_0503838.jpg

 「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」だそうである。できることなら持っていたい心情である。

 歴史を訪ねるのも楽しいものだ。それにしても、海南市での様々な対応に感謝するとともに国宝まで案内付きで見学できラッキーだった。

 しかしながら、知識を得るのに貪欲な小生らの視察は、それ相当の体力が要ります。

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-02-21 23:54 | ミキカズの四方山話

<< 西国三十三所観音霊場第2番目の... 近畿大学水産研究所/大島実験場... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE