法政大学法学部教授の廣瀬克哉氏が来訪す。

 三重県議会の議会改革諮問会議委員を務める、法政大学法学部教授の廣瀬克哉氏が当議会を訪れました。
 廣瀬克哉氏は、昨年10月、金沢で開催された全国市議会議長会主催の第4回全国市議会議長会究フォーラムでパネラーとして参加されていた。

e0111346_1669100.jpg
 正面、左側に座っているのが廣瀬克哉教授です。
 その隣が、畑中一宝副課長、辻上浩司主幹と座っています。

 来訪された目的は、「県議会との連携にかかる市町議会の意向調査について」だそうで、県議会事務局企画法制課畑中一宝副課長と辻上浩司主幹を伴い調査ということで聞き取りをされました。

 当議会からは、中垣克朗副議長、そして議会改革に精通する南 靖久議会運営委員長や補佐している北村道生同副委員長に同席していただいた。また、同じ聞き取りを受ける紀北町議会からは北村博司議長と島本昌幸副議長が出席しました。

e0111346_1615683.jpg

 調査項目として、
 (1)貴市議会における開かれた議会の取組み
    ・どのような好調広報活動により住民ニーズの把握や議会への反映等を
     行なっているか?
 (2)県議会と市議会との連携についての意見
    ・県議会と市議会との今後の連携のあり方に対する意見、要望
      住民ニーズの把握、地域課題の共有など
      県議会との交流会を開催する場合、公開あるいは県民の
      傍聴はどうか
    ・地元選出県議会議員と市議会との連携に対する意見、要望
 (3)地元選出県議会議員の地域での活動についての意見、要望
    ・県議会での活動が忙しくなり地元選出県議会議員と地域の距離が
     広がっているとの声もあるようだがどう捉えているか
 (4)三重県議会の議会改革についての認識
    ・県議会改革の取組みの中で貴市議会が参考にできるものはあるか
 (5)市議会として今後の県議会に期待、要望すること
・・・であった。

 当議会のからも紀北町議会からも、議会として県議会及び地元選出県議会議員との連携は一切無いことと、報告会や交流会など一度も要請されていないとの意見である。

 しかしながら、小生らの勉強グループは地元選出県議会議員からの地区懇談会への参加申し込みに対しては歓迎をしているところでもあり、有志議員に対する報告会をしていただくための呼びかけをこちらから行ない実施はしている。
 また、個人的には県政報告会などの案内をいただければ出席をしているが、議会全体との連携や交流ではないように思う。
 
 むしろ、地元選出国会議員のほうが議会への報告会などを通じて連携している実績がある。

 県議会に対しては今回のように県内を5つのブロックで聞き取りをしているのならば、その5つの地域単位で経済状況や医療・福祉・教育問題を県議会と市町議会が取り組める構造、そして地元選出県議会議員より、年に数回でも地域の活性に関する共通のテーマでの協議を提案してほしいくらいであると話させていただいた。また、県議会の改革については県民益や地域の活性につながるものこそ改革であり、制度やスタイル作りなどの改革はもういらないのではないか・・・   


『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-02-24 17:15 | ミキカズの活動日記

<< 3月の予定 祝 160,000人です! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE