明日から、第1回定例会が始まります。

 明日、2日(火)午前10時から、いよいよ平成22年度の当初予算を主たる議案とした第1回定例会が始まります。

 定例会の会期及び議事日程を作成するときには、初日に市長が行う提案理由の説明、それと当初予算には市長の市政方針が述べられることから、それらについての本会議での質疑や一般質問、あるいは委員会質疑を行うための議案精読をしていただく調査期間を設けている。

 調査といっても執行部に対して、議案の聞き取りとりなどではなく、本会議や委員会で質すために予算書など議案関係書類を精読することを指しているわけである。

 また、岩田氏が市長就任時には、その政治手法や考えなどに対する一般質問がほとんどなかったように思う。その点では、当初予算とともに所信表明がされるであろうことから、市長の政治手腕に対して問う意味での一般質問が多いのではと考えられる。特に他議会では、会派代表質問が優先的に組まれている、そういった意味では会派を組織する議員などの議案に対する質疑や政治手法・施策に対する一般質問が期待できる。今定例会は一般質問も多いと想定できるので、市民の方々には議会場への傍聴をしていただきたいと願うのである。

 議員活動が活発であれば議会は活性するのである。何よりも議会のどの場でも自ら発言をしなければ、あとで備忘録を作成しても新聞へ載ったとしても、議員として大して意味のないことである。何故なら、議員は議会で発言してこそ議事録へ載り、後の歴史となるからである。

 最近、市職OBで県議会議員を務めた弓場和冶氏と話す機会があったが、弓場氏曰く「公の史実(施策や決め事)を調べるには、議事録(議会での発言/首長の所信表明や議員の質疑や一般質問)など公文書の裏づけ(確認)が大事である」と、表現力の達人は述べていた。やはり議員は質疑・一般質問として、市政を質す発言をすることが一番の仕事のようである・・・


2月のブログトップ記事はヤーヤ祭りだったようで、2月6日に1,455アクセス(記事検索数)が記録されています。


『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-03-01 19:38 | ミキカズの四方山話

<< 平成22年/第1回尾鷲市議会定... チリ地震による津波 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE