平成22年/第1回尾鷲市議会定例会が開催されました。

 午前10時より、議場において平成22年/第1回尾鷲市議会定例会が開催されました。

 提出議案のうち、議案第1号から第24号までの説明に先立ち岩田昭人市長は、市長としてはじめての所信表明を述べられました。

e0111346_14292781.jpg
 中央の演壇で所信表明を述べる岩田市長と、後ろの議長席は小生である。

 傍聴席に座られると、ちょうどこんな具合に議長席や市長(執行部)側が見えます。

 初めての所信表明となることから50分以上も施策の一端を延べ、その後提出議案の説明でも40分近く議会運営委員会/全員協議会での説明と重なるも、当然、議事録に記録されることになることから、改めて本会議で丁寧に説明した。

 一旦休憩をとった後、教育委員会委員(玉本卓也氏43才/新田町)・尾鷲市公平委員会委員(東 司氏72才/矢浜)・固定資産評価審査委員会委員(植松顕哉氏58才/大滝町、北村綾子氏55才/上野町、丸林克彦氏57才/野地町)の選任についての議案第25号から27号までの提案説明がされ質疑もなく採決を、そして、人権擁護委員候補者の推薦についての諮問第1号(稲葉充子氏71才/中央町)・2号(大瀬欣子氏62才/新田町)の提案説明が行なわれ質疑(採否に影響するようなものではなく人事案件の議案提出時の資料について確認された)がおこなわれ採決が行なわれたが、いずれの人事案件も同意すべきものとして全会一致で採択された。

 議事日程が総て終わるのに2時間近くかかり、正午近くに閉会し、以後土日を挟み5日間は予算書精読等、議案調査のために休会とし、8日(月)から提出議案(第1号~24号)に対する質疑、引き続き一般質問となっている。

e0111346_11473322.jpg 平成22年度一般会計等予算書や同21年度一般会計等補正予算書、そして議案書などこれら総てを審議します。
 一番上の予算書だけでも標準的なノートパソコンくらいの厚みがあります。

 岩田市長の施策が盛り込まれ、ましてや当初予算ということから会派は当然のこと、各々議員から質疑があって然りだし一般質問も多いはずである。そんなんで月曜日の本会議は議会本来の激しい議論の場となるであろうと想定される。小生はそれらを考慮に入れ議会運営に励みたい。

 「書物より得る知識は薄く弱い。体験して前進せよ」の言葉のように、地区懇談会や市民との会話、あるいは専門分野の調査など、日ごろの議員としての活動が審議力や監視力・評価力を補ってくれる。また、活動した成果を発揮するのが質疑であり、一般質問である。

 己に寛大、他人に峻烈なのは、道を見ずして走っているようなもの・・・、一丸となって議会の活性を! 

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-03-02 15:29 | ミキカズの活動日記

<< 一般質問の通告が行なわれました。 明日から、第1回定例会が始まります。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE