総務産業常任委員会が開催されました。

 今日から付託された議案の委員会審査です。一日一委員会開催を原則とする当市議会ではトップを切って、午前10時より総務産業常任委員会(真井紀夫委員長)が開催されました。

e0111346_1991172.jpg

 それぞれ所管する課の審査について進行表が作成されていて、今日は総務課(三木正尚課長)、選挙管理委員会(三木正尚課長)、議会事務局(山本和夫局長)、監査委員事務局(濱野薫久局長)、出納室(湯浅英男室長)、税務課(吉澤寿朗課長)、市長公室(仲 明室長)の6課を夕方4時過ぎまで審査しました。

 小生は、総務課では平成22年度は職員数が4名減数となることから業務に支障はないのかという質問をしたところ、臨時職員などで対応するが業務も見直したいとの答えだったので、岩田市長に業務の見直しということは機構改革も考えているのかと訊ねたところ、そのことも見据えて検討していきたいとのことであった。

e0111346_19321742.jpg
 三木総務課長の説明を聞き入っています・・・

 また、税務課では、一昨年の世界的不況や地場産業の低迷から市税収入が年々落ち込んでいることや、市税の滞納額が4億2千万円近くあることから、徴収状況について吉沢課長に伺ったところ、「厳しくて大変申し訳ないが、常に法的な措置を踏まえて対象者の方々とお話させていただいている」と、今後もそうしていくとの方針を聞かされた。
 小生とすれば、できうる限り丁寧な話し合いを望むことをお願いした。

 今日の審査で最後となった市長公室では財務も含まれることから、1つは金額は大きくないが尾鷲港が開港指定による入港船で得られる「特別そん譲与税」5百万円について、中部電力㈱三田火力尾鷲発電所の稼動如何による原油の輸入隻数が大きく左右することから、岩田市長に対し中部電力㈱へのお願いをおろそかにできないと訴えたところ、議会ともども行動したいとの意見であった。

 また、22年度から「し尿陸上処理施設整備事業」や「海洋深層水施設整備事業」の市債(借入金)の返済(公債費)が始まる事から市債残高は減少するものの公債比率は上昇することがいえます。そして、市政運営のための臨時財政対策債や退職手当債が増加の一途との傾向を示していることから、地方交付税が増額されても市税の減少分に補填されるような予算編成が垣間見えるので、行財政改革の必要性を強く指摘した。
 執行部では数値も掲げた行財政計画をたて、市政の健全な運営と共に老朽化した公舎の整備等も検討していきたいと述べた。

 岩田市長の市政運営でこうなったわけではないが、寧ろ、財政のこの現状を認識して市長選挙に臨まれたと理解しているので、当座の仕事はこれに集中すべきである。

 行財政改革への取り組みについては、特に市民には分かりにくい議会活動でもあるが、この地味な取り組みなくして明日の尾鷲は語れないほど、今の尾鷲の政治には必要不可欠な、特に議員にはこの仕組みが分からなくては明日を語れないのである。

 過去において、議員のほとんどが隣接町と合併を真剣に考え進めようとしたが、現実は単独で市政運営が行われている。合併した熊野市や紀北町などと比べても、公債比率が低く推移しているもの経常収支比率を低下させる術はなく、合併市町の特例債の有効活用や、特に大きな飴である交付税の算定替による10年間の財政の差が、財政指数の低い当市にとって、市政運営及び諸々のインフラ整備を行うにあたり決定的な打撃となり、他市町に比べ大きく立ち遅れてしまうことは否めないように思う。

 だからこそ今日の委員会審査でもいえるように、市民のみなさん、そして執行部と議会が三位一体となって取り組まなくては尾鷲市の財政の再建はあり得ないと感じている!
 このことは小生だけではなく、同僚議員の中にも同じ考えのものがいると思うが、では、果たして執行部、市長、副市長、職員はどこまで三位一体ということを認識しているのだろうか・・・、

 小生は議会側の立場しか計り知れないが、大川真清議員が言わんとしている市役所風土や職員気質、あるいは経営品質の向上は可能なのか・・・、些か不安である。経営品質の向上は、人として幅、奥行きが伴わなければ、所詮、自分の事を見るのが精一杯で、なかには自分を見ることすら無理な輩もいることであろう・・・
 兎に角、執行部のというより、尾鷲市役所の質の向上を望みたい。これまでの市役所の体質のことなのだろうか、時折、吹聴されることがある職員採用のあり方など過去の様々なつけが歪みとなりつつある。もちろん、優秀な職員が少なからずいることは知っているが、総ての職員が意識改革をしなくてはならない。無理なのだろうか・・・
 もちろん先頭に立つのは市長の理念と信条であろうと考えるが、ここは県から来ていただいている副市長の手腕の見せ所でもあろう。期待したい!


 委員会は、月曜日から再開される。
 

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-03-12 19:47 | ミキカズの活動日記

<< 三木浦町民文化展が開催される。 明日から、委員会審査が始まります。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE