議会改革あれこれ・・・、「議会内閣制」に「議員の仕事時間」

 地方議会の改革について、最近では愛知県半田市議会の議員提案による「議会内閣制」を内閣府に構造改革特区として提案申請したことが報じられた。
 予算編成や行政の責任を議会側に持たせるために、議員が副市長や局部長など自治体の幹部を務める。地方自治法では議員の兼務を禁じているが総務省の地方行財政検討会議が今春、公表した地方自治法改正に向けた基本的な考え方の中でモデルとして示している。
 もちろん執行権を有する市長の同意もいることであるが、榊原純夫半田市長は「今すぐ移行する必然性は感じていないが、地方自治の在り方を調査、研究することはやぶさかではない」と話していることが載っていた。

 そして、今度は福島県会津若松市議会が議員の「仕事時間」を試算したようである。市議会議員の報酬に「説得力」をと、全国で始めて、議員活動の範囲を検証し年間の議員の「仕事時間」を算出したと記されている。
 会津若松市議会では民間人を含めた委員会を作り検討し、本会議、委員会、意見交換会(懇談会)などの公式行事と、議案精読時間や一般質問の原稿執筆時間、成人式(行政関係行事)への出席―などが仕事時間と認められた。
 当然ながら、議員の仕事と思われがちな、個別要望についての市民からの相談や口利きなどは含めていないとのことである。
 これらの時間を積み上げ、年間労働時間とし1日8時間労働として日数を出したものと、同じく選挙で選ばれる市長との時間給を比較計算するようだ。一人しか選ばれない市長と複数選ばれる議員の資質は何を基準に評価するのか・・・、また、議員同士の資質についても問題があるかも知れない。
 
 あくまで新聞の内容だけなので他の市議会の事は何とも言えないが、最近はいろいろと報道されているように、その自治体の大小によって、或いは財政力などまちの経済状況などによって、議会の存在について市民から問われることが多くなっている。

 自らを含め、選ばれる議員の資質に問題があることなので議員定数を削減しても、報酬を減らしても、はたして解決する問題であろうか・・・、議員の活動があって議会の存在をどう証明できるのか・・・なのである。


 議員の資質向上について『切磋琢磨』という言葉があるが、その前に議会活動の基本である「地方自治法」の解釈や「議会運営」の判断を議員として会得することが大事なことであり、そこから議員同士の切磋琢磨が生じることだと思う。

 
 当市議会においても、違法性があると認識されていた予算の分割付託を解消した予算決算常任委員会の設置など改革が進み、心配されていた既存の常任委員会が予算を持たないことから、執行機関との施策的な議論の場となってきたような気がする。しかし、中身の重厚は各々議員次第なのだ・・・

 議員の資質の向上や真摯な取り組み無くして「議会改革」を進めても、執行機関の「組織機構の見直し」と同じようなもので、中身が伴わなければ市民にとって意味のないことである。
 条例をつくっても議員そのものが使い方を理解できなければホンマもんの改革につながらないだろう。
 「議会改革」も市民目線が伴わなければならないということであり、愛知県名古屋市や鹿児島県阿久根市のニュースを見るにつれ、改めて、「今回のこの出来事は市民の多くが理解していることなのだろうか・・・」と、その難しさを感じなければならない。



 今日は、午前中に紀北広域連合議会の臨時会、午後からは小生も議員を務める三重紀北消防組合議会の臨時会(第2回)が開催されました。

 共通の議案は、人事院において勧告されるであろう「給与等に関する条例の一部改正(減額)について」で、12月1日の基準日に合わせるために臨時会提出となったものだろう。もう1議案は「平成21年度三重紀北消防組合一般会計歳入歳出決算の認定について」でした。採決の結果、2議案とも全会一致(2名欠席)で承認された。

 2つの広域議会では、紀北町において議員選挙があったことから、12月に開催される定例会において紀北町選出議員が代わることになる。



ご訪問いただき、ありがとうございます。
 できましたら、「ランキング」のところをポチッと応援038.gifお願いします。

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-11-22 12:06 | ミキカズの四方山話

<< 天狗倉山を行く 幻の里、元盛松へ行く(平家落人... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE