平成22年第4回定例会が始まります。

 平成22年第4回定例会の会期日程や提出議案が示されました。本日午前中に議会運営委員会(三鬼孝之委員長)と全員協議会が開催され、会期は11月29日(月)から12月14日(火)で議案調査日及び土日の休会日を含めた16日間です。

 提出議案については、議案第64号「尾鷲市一般会計補正予算(第6号)の議決について」など12議案で、諮問1件、報告1件です。(詳細については、11月29日(月)の開会日に・・・)


 先ず、会期日程については、人事院に関連する市長及び副市長、教育長、そして職員の給与に関する条例の一部改正議案が3件、市議会の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正議案が1件あり、その基準日が市長及び副市長、教育長、そして職員が12月1日、議員が11月30日ということで開会日である11月29日に4件の議案上程後、委員会付託・総務産業常任委員会(真井紀夫委員長)審査・本会議場で採決を行なう日程が組まれている。

 また、市内の事業所より国家賠償法で尾鷲市が訴えられている裁判について、一審判決(30万円の損害賠償支払い等)がでたあと、市の意向とは別に一審判決を不服として補助参加人の奥田尚佳氏(前尾鷲市長)が名古屋高裁へ控訴していた件で、被告の立場にある市が控訴しないこととし、岩田昭人市長は被告としてこの控訴を取り下げる手続きをとることを言及した。
 補正予算においても、歳出で賠償金33万5千円(利息を含む)と弁護士費用4万6千円、また、歳入においても奥田氏に対する賠償金として求債するために、同歳出額とすでに支払われている弁護士着手金などを会わせた59万1千円が計上されている。
 この件については会期内における予算決算常任委員会(與谷公孝委員長)で、奥田氏との確認(去る16日に、市は奥田氏と話し合いを持っている)等についての議論など審査されることになる。

e0111346_1821019.jpg
 昨日、ウォーキングした天狗倉山の頂き(大石)が見える。中村公園からの展望。

 南 靖久議長は、議会へ問いあわせがある・・・として、議員の会議等の欠席について所定の「会議欠席届」を提出することを示唆した。もちろん、欠席理由の書類等の添付もであるが、公務は議長などの役職者か議会選出の監査くらいしかなく、病気や長期療養は診断書の添付となるだろう。では、所用とは、親族(3親等など)の冠婚葬祭くらいだろうか・・・、福島県会津若松市考案された「議員の仕事時間」流で計算する時には・・・、これが第三者の判断となると難しいように思う。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
 できましたら、「ランキング」のところをポチッと応援038.gifお願いします。

『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-11-24 18:32 | ミキカズの活動日記

<< 自分らで学び舎をつくろう! 『... 天狗倉山を行く ~オチョボ岩へ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE