尾鷲市議会/議員控室の窓辺から・・・

 近畿地方では梅雨明けが宣言されたみたいですが、当地方ではまだのようであります。しかし今日の尾鷲の空は、一面青いキャンバスのようで爽やかなのであります。それに、空気のなかの水分が些か取れたような気がするくらいの風が頬を通りすぎます。

 尾鷲市役所の位置を中心として議会/議員控室からの眺めは、丁度、市街地の南側を見ることになります。
e0111346_14513143.jpg
 手前の山の谷間に見えるのが、国道311号線が走る八鬼山方面になります。庁舎の正面側(北側)に見える天狗倉山や便石山も勇壮ですが、この写真のロケーションもいいのであります。

 この青空のある景色のように、中川悪臭問題等の課題を、市民のみなさんの意向を尊重し行政・議会が方向性を一つにして、それぞれの持ち場で解決に努めることが肝要なのであります。中川悪臭問題については、中川悪臭問題対策協議会での決定を伊藤市長が議会/生活文教常任委員会で述べ、その方向性を支持することが同委員会で合意されたことは、一体となって取り組む、具体的な解決策への第一歩となったような気を強く持ちます。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-07-24 15:16 | 尾鷲よいとこ四方八方

<< 尾鷲市自治連合会が清掃活動を行... 議会運営委員会の先進地(管外)... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE