ボランティアを続ける高橋さん!

残暑お見舞い申し上げます。
e0111346_1093534.jpg
 このへんは、ゆかた姿で夕涼みの絵が欲しいところですが、それも団扇を持ったヒトの・・・
 
四季とか情緒とか、そんな感性無くしたらアカンよネ!

 そんなひとりごとを言いながら、これまで苗木をお世話してきた、泉地区の通称、疣地蔵さん近辺へ出かけてみました。
 ウォーキングの休憩場づくりとして、高橋行雄さんを中心とした山雀会が植樹の手入れや草取り、掃除などに努め、みなさんに喜ばれています。
e0111346_10241481.jpg

 高橋行雄さんも高齢(85才)となってきましたので、ほかに草取りや手入れをしてくれる人がいればいいなぁ・・・と思うのですが、今日も彼は南陽町の自宅から電動自転車でここに通い、元気にボランティアを続けています。
e0111346_10185936.jpg
 ニュースがありました。それは高橋さんが腰掛けている長いすのプレゼントがあったことです。
 大工の濱端与一さんがここを通った際、高橋さんのボランティア姿と経緯を聞き長いすを作り寄贈してくれたのだそうです。

 人がふれあうって、「こんなんやなぁ・・・」と微笑みモンです。そして人は感謝の気持ちを忘れたらアカンのやなぁ・・・と思うのであります。
 楽しい遊びをしたとか旨いモン喰ったとかの満足感なんて、長い人生においては、なんとちっぽけなモンなのです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-08-09 10:46 | ミキカズの四方山話

<< 長茂会の夏祭りが行なわれました。 全国都市の特色ある施策集 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE