日本最高の暑さ!

 昨日、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で74年(昭和8年山形市で観測)ぶりの国内観測史上最高の40.9度を記録しました。
 考えられることは、高気圧ピークとフェーン現象で特に盆地特有の熱がこもることが原因ではとみられています。
 
 
 海辺の地域は時折風が吹き抜けるが、盆地や都会のコンクリートジャングルのなかでは熱風だけが肌に感じるだけではないのか。全国でも熱中症が増えているようである。

 一方、TVを観ているとグリーンランドに蓄積された氷を調べていると、過去地球上では氷河期があったことから温暖化状態は次の氷河期を遅らす?みたいなことを言っていたかなぁ・・・
 でも、深刻なことは北極海の氷の面積が過去最少になったようです。(因みに、南極では陸地の上に氷があるが、北極では海の上に氷が浮いていることから温暖化など地球上の影響を受けやすい)
 
 今の体感的な人間の営みと、長期的なこの地球の営み、どっちをどのように考えればいいのか・・・、難しい問題である。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-08-17 08:03 | ミキカズの四方山話

<< 三木浦の精霊送り 第9回 尾鷲高等学校本部同窓会... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE