平成19年 第3回定例会が開会しました。

e0111346_18185391.jpg 本日午前10時より本会議場にて、平成19年 第3回定例会が開会されました。
 最初に、恒例となっている伊藤市長の市政報告及び議案の提案説明が行なわれました。
 その後に、議案の一つである教育委員(千種良子さん・新任)の選任について採決が行なわれ全会一致で採択され、他の議案である病院特別会計と水道事業特別会計の決算について、湯浅病院事務長・岩出水道部長より概要説明がありました。
 また、報告案件となっている尾鷲市民文化会館の補正予算について、指定管理者である財団法人 尾鷲文化振興会の理事長となった鈴木副市長や、専務の田中生涯学習課長の説明があり、2~3の質疑があったものの、意義無く承認されました。

 財団法人 尾鷲文化振興会の理事長等について、指定管理者制度導入時に、小生が市長と理事長が同一では指定管理者制度上問題なのでは?と、論議を醸し出したわけであるが、これは例え副市長でも立場上、同じ論議のように思えるのである。
 しかしながら、20年4月以降から財団法人 尾鷲文化振興会以外の団体が指定管理者となる可能性もあるので、今日はそのことについては触れずに置いたのである。出来るものなら財団法人 尾鷲文化振興会の理事長は文化協会会長などとかの人物が適任かと思うのである。

♠♤にほんブログ村「三重情報」は、ここ♠♤
  ♤♠にほんブログ村「議員情報」は、ここ♤♠
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-09-04 18:46 | ミキカズの活動日記

<< 今日の午後は、中川悪臭問題の会... 井上澄男氏の写真展 「駒ヶ根の四季」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE