外国人医師の診療解禁・・・?

 11月26日配信の読売新聞によると、桝添厚生労働相は都内で開かれた全国知事会との意見交換会で、日本の大学医学部で学んだ外国人医師について、「日本の医学部で勉強し、博士号をとった人ならば、当然(医療活動を)やるべきだ。特区などの経験を使いながら、開かれた国であっていい」と述べたと報じています。

 地方を中心に深刻化する医師不足対策として、将来的に、構造改革特区などに限定する形で、日本国内での外国人医師の医療行為を認めるべきだとの考えを表明したものです。

 当尾鷲市においても、大連市金州区との友好都市関係を結んだ折から、この外国人医師についての日本での医療行為についてはどうなのか・・・と、検討課題となっていましたが、三重県との連携や三重大学での受け入れはどうなのか、諸問題はありますが、朗報であります。

 舛添厚労相は今回の意見交換会のなかで、新潟県が過疎地における外国人の医療行為を認める構造改革特区を国に申請している問題に触れ、医療制度を10年程度かけて見直す「長期ビジョン」に関連して、外国人医師の医療行為解禁に言及した。現行の医師法は、外国の医師免許を持つ医師が日本国内で医療行為をする場合、日本の医師国家資格取得を義務づけている。しかし、日本語能力が十分ではない、などの理由で国家資格を取得できないケースが多いとされている。

※配信されている記事を抜粋しています。

にほんブログ村ランキングは、ここから…
 ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-11-26 19:58 | ミキカズの四方山話

<< 家庭料理バイキングをしている、... 平成19年 第3回 尾鷲市議会... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE