じゃあ、この記事はどうなっているの?

 先ずは、このブログを訪問下さる方々にお詫び申し上げます。小生このブログ「三鬼和昭の“日々是好日”」は限りなく爽やかさと、信念のもと書き続けようと決心していますが、このページだけは小生の正義を貫くために見苦しさ、不快さを感じるかも知れませんがお許し下さい。(写真は時系列です。クリックで拡大できます)

e0111346_8503017.jpg
 日頃、施策勉強会とか懇談会など政務調査をともに行なっている議員が集まり、話し合った記事が載った。

 小生のグループは地元経済の不安や市財政の危機的な状況下のさなか、議員のみで行なう議会役選について出来るだけ誹謗中傷を避け、話し合いのなかで申し合わせがされたわけですが、このような紀勢新聞の記事から物語は始まったのであった。

e0111346_23503755.jpg
 突如として、暗黙の議長の順送り説と横ヤリ説が飛び出してきた。(小生への前夜の電話取材では、「議員が開いた懇親会へ出席していたなかで議長順送りの話が出ていた、そうなのか?」との問であったので、「そんな話は聞いたことがない」と答えたにもかかわらず翌日の紀勢新聞はこうなっていた。目立ちがり屋とまで付録がついて・・・

 この記事をネタに、仲間の議員曰く連絡が取れなかった議員から「こんなことを書かれたら・・・」の不安すべき予想のなかにあったストーリーが動き出した。

そして翌日の結果、
e0111346_042142.jpg
 やはりここでも、小生が暗黙の議長順送り説を無視したため連合軍に敗れたの如くであった。

 しかし、一方の南海日日では取材を受けていないが、
e0111346_010532.jpg
 申し合わせを撤回して・・・なだけであって、それ以外に横ヤリを入れたなどの話も一切何もないのである。

 そして、翌日の紀勢新聞が誤りとお詫びを、最初に扱った記事の大きさに比べればなんてことない文字で・・・(切り抜いて場所を変えてある)
e0111346_0182832.jpg
 紀勢新聞の記事は、  「議長順送りは三鬼氏違い」
「〈訂正〉議長職の順送りで与谷公孝・神保美也・三鬼和昭三氏の順と報じましたが、三鬼氏は“三鬼孝之氏”の誤りにつき、和昭氏にお詫びし訂正します。」
と書かれている。
 議長順送りとか、人格を疑われるような横ヤリの話は幻か、それとも作り話だったのか・・・

 議長になるとか否かは、小生の人生にとって今更大きく道行を左右するものでもない。ましてやひとりの議員の立場でいえば、尾鷲市にとって市民のみなさんにとって微々たることである。所詮、議員は1/16なのだから・・・会派やグループがあってまちを動かす力だろう。

 小生は、自身の信念を曲げない頑固者なだけである!

にほんブログ村ランキングは、ここから…
 ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-12-05 00:58 | ミキカズの活動日記

<< 尾鷲市議会 第4回定例会が開会... 第3回 臨時会が開催され、議会... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE