「今年(2007年)の漢字」が「偽」と決まる。

 恒例の(財)日本漢字能力検定協会(京都市)が全国公募したもので、断トツで「」であったと報道されたいている。2位の「」も関連した漢字としてよく目や言葉にしたし、3位の「」も同じである。

e0111346_9331491.jpg
 京都東区の清水時で森清範貫首が揮毫(きごう)しているところ。
 (中日新聞12月13日付記事引用、クリックで拡大)

 「」、人が為した不祥事が続出したことから、好もしくない漢字が、「今年の漢字」に選ばれた。3位も「」であるが、これほど続出すると感覚がマヒしてしまう方向性と用心する方向性に人々は別れる。

 そう言えば、最近の尾鷲市議会の役選における一部地元新聞の記事は、誰かを取材したときのコメントなのか創作なのか解せないが、著しく個人の名誉を毀損するに値するような在りもしないストーリーが記載されていた。のちに「お詫び」と「訂正」が小さくでていた。
 
 これも「今年の漢字」である「」のせいだったのだろうか・・・

にほんブログ村ランキングは、ここから…
 ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-12-13 10:08 | ミキカズの四方山話

<< 緊急消防援助隊の移動指示権を知... クボタの地域貢献はAED(自動... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE