一般競争入札、市町村の導入は53%止まり!

e0111346_8164981.jpg 総務・国土交通・財務の三省が19日まとめた公共工事の入札実態調査で、政令指定都市を除く1810市町村のうち、談合防止に効果があるとされる一般競争入札を導入しているのは、9月1日時点で53.6%の970団体(試行段階を含む)にとどまっていることが分かったと報じている。また、一般競争入札は、3月に総務、国交両省が自治体に対して導入を要請したが、100%実施の国や都道府県、政令都市に比べ、市町村の遅れが目立つとしている。
 本市においては、多くあった指名競争入札から、貢献度を尊重し、地域限定ながらも一般競争入札化へ移行している。透明性を重視した入札の在り方が問われている今、随意契約についても当然見直されていくだろう。 
                            (12月20日付・中日新聞)

にほんブログ村ランキングは、ここから…
 ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-12-20 08:44 | ミキカズの四方山話

<< ステンドグラスの作品展が行なわ... 久々の、我が家の小さな庭先・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE