企業立地促進法に基づく地域産業活性化計画が同意される。

 去る20日、企業立地促進法第4号に基づく地域産業活性化計画が11県から申請の14計画に対し同意書の交付があり、このうち尾鷲市からの基本計画も含まれており甘利 明経済産業相から伊藤市長が同意書を受け取った。これを受けて尾鷲市は海洋深層水を核とする産業活性化に向けた企業立地を目指す。
 
 尾鷲市の平成19年から24年までの5ヵ年の基本計画は、目標として5年間で新規企業立地5件、新規雇用125人、出荷額13億円を目指し、経済経産省・国土交通省・農林水産省・厚生労働省の4省5局の連携事業として、いろいろな補助メニューの活用など支援が期待される。

基本計画のフローは次のとおりです。(クリックで拡大できる)
e0111346_10442990.jpg

e0111346_10401044.jpg

e0111346_10451184.jpg

 今回を含めた基本計画の国の同意は29道府県の54件となり、三重県では四日市市と津市についで3番目となる。

にほんブログ村ランキングは、ここから…
 ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-12-27 10:55 | ミキカズの四方山話

<< 『尾鷲市財政の現状と今後の見通... 「企業立地に頑張る市町村20選... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE