生活文教常任委員会が開催されました。

 午前10時より生活文教常任委員会が開催されました。本日の審査事項は本会議で付託された議案のうち、環境課と市民サービス課に係る案件だった。

 環境課に係る案件に関連して、午前9時より「中川悪臭問題に係る対策協議会」が開催され、新たに三重大学生物資源学部の前田広人教授に委託したクチスボダム湖底の堆積物と水質について、過去のデーターと比較して報告があったようである。小生らの委員会でも報告書が資料として提示され、特に湖底の堆積物層については昨年の7月に5㎝あったものが1月では1/3に減少しているようであり、湖底のタンパク質の分解が進みアミノ酸の濃度が低下しており、今のところ水質も異変がないようである。

 平成20年度にも調査委託料が計上されており、これから気温とともに水温が上がることや突発的な悪臭の発生がゼロとは言えないことから、委員会でもそれらのやり取りがあった。

 また、その他でこれまでのし尿海洋投棄委託業者からの損害賠償問題やクボタからの損害賠償金の補助金や市債への繰入れ処理についてなどの質問があったが、報告すべき進展はないとのことであった。

 市民サービス課については、平成19年第4回定例会に引き続き、議案の中の予算書に整合性のない不適切な処置の仕方があり、委員から指摘された。第4回定例会の「増」「減」誤字は数字の適正に関係なく幅で言うならば倍の誤差を生む、いわば天と地ほどの間違いであった。しかし議会の扱いとしては、議会運営委員会が開催されることもなく、本会議で訂正されることも無く終えようとしていたので、所管の委員長がやむを得ず、本会議での報告の時点で発言を残したのであった。

 今回は不適切な処置、或いは安易な作成というべきだろう。しかし、本会議で訂正されるようである。指摘されれば些細なことでもは正すのが本分であろう。今後は、執行部においてもチェック体制のより充実が求められるし、財務諸表は一般会計であれ特別会計であれ、整合性のある計上の仕方、そして同じ書式(項目)仕様の考え方で統一すべきだろう。

にほんブログ村ランキング…
ONE CLICKを! にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキングです。 ONE CLICKを! にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員情報)ランキングです。
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-03-06 20:34 | ミキカズの活動日記

<< 尾鷲市の乳幼児医療費助成が拡大... 『後顧之憂』 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE