『熊野尾鷲道路』 尾鷲南~三木里間5.3kmが開通!

 本日午後3時、東紀州初の高規格道路である『熊野尾鷲道路』 尾鷲南~三木里間5.3kmが開通しました。

e0111346_19543296.jpg

 午前中は、地元選出の代議士や知事、あるいは市長などが出席して式典が行なわれたようですが、最高速度70kmの無料高速道路で対面通行の2車線の自動車専用道路で125cc以下のバイクは通行できません。まだ小生は通行していませんので感想を述べることはできませんが、総工費約300億円で平成16年7月着工、路線の大部分に当たる新八鬼山トンネル延長3,992mで県内最長、万が一の事故に備え専用トンネルの他に避難用トンネルなど特徴があるようです。
 熊野大泊間まで18.6kmの全線開通は平成25年とされていますが、国の道路財源事情がいささか気になります。

 しかし、東紀州というネーミングで言われるようになり久しくなりますが、この東紀州圏が距離的・時間的に短縮されると言うことは経済圏が大きくなると言うことで、新たなビジネスチャンスが生まれることに違いありません。都会から来ていただく人を止めること(通過点にしない)、地元(東紀州約9万人)の人が行き交うことで、流動人口でありながらも間違いなく増えることをどう活かすかと言うことです。

 「点を線とか面に成す」と言われてきましたが、今こそその時が来たように思います。

三重の地域情報は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-04-20 20:20 | ミキカズの四方山話

<< 荷坂峠から・・・ 浄の城つつじ祭りが行なわれました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE