尾鷲市副市長だった鈴木恭一氏の職場・・・

 在任期間が1年も満たない歳月のなか、家庭の事情で尾鷲を離れた前尾鷲市副市長 鈴木恭一氏のその後は・・・、

 彼の帰京間もない頃、一度E-mail交信の件で電話をしたことがあったので、新しい職場とかが気になり伺ったことがあった。アメリカとかイギリスとかに出向していた経験が豊富なお方なので、意外とノンビリしていたようであった。

 そしてこの度、経済産業省 地域経済産業グループ 地域経済産業政策課に勤務となり着任したとのことである。

 名称から、地方にも関連が深いような勤務先であり、もしそうであれば、これからも尾鷲のことを・・・、希望を・・・、夢を・・・託せればと願うのであります。議員の立場から言えば、直接依頼することはあまりないとは思うが、中央の情報がいただければ幸いである。

 尾鷲丸の舵取りは新しくなったが、その舳先の向きはまだ決まらず・・・なのである。そして新たな副市長人事について市職員関係など1~2人に打診があったみたいだが、いまは耳にしたこともない。


 ここ2~3日、市役所を定年退職された方々からも尾鷲市の行く末を案じ電話やら手紙の添え書きをもらった。例え市長が替わっても市行政の不安は何一つ消えてはいない。また、議会に於いても市長選挙の一陣営の内輪もめ?が未だ収まらず、そのうえ、與谷公孝議長が全員協議会で議員にたいして了解を求め、マスコミを通じ市民に訴えた「議員倫理条例」の策定気配すら垣間見ることができない状況が、多数の市民の方々から「議会のケジメとして」この条例制定への要請が日増しに強くなっているように感じるのは小生だけなのだろうか・・・

三重の地域情報は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-03 20:19 | ミキカズの四方山話

<< 潮干狩りのメッカ『黒の浜』は、... 生け花も楽しめます! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE