尾鷲市の副市長に島本暢夫氏(76才)が浮上らしい・・・

e0111346_1028887.jpg 7月19日付南海日日に、突如として尾鷲市の副市長候補にこれまで北牟婁群選出の県議会議員を4期務め昨年4月に引退した島本暢夫氏(76才)が、同紙の取材に対し奥田尚佳市長から打診を受け受諾することを決められたとセンセーショナルな記事が報じられた。

 そして、8月1日(金)に臨時会が開催されるとも記載されている。
                    クリックで拡大できます。


 確かに18日(金)の午前中に開催された全員協議会で、「議案を専決扱いしたこと」に対する議論で、小生を含む何人かの議員が議会運営上の問題に対し疑義を唱え、なおかつ第2回定例会(6月議会)で否決された補正予算(一部を除く)の再提出のための臨時会開催について奥田尚佳市長に対し有無を促したところ、臨時会開催したい旨の答弁に至ったのである。

 そこで、複数の議員がアドバイスしたかたちとなり、市長と議長との議会運営上の話し合いをお膳立てしたのだが、その後についてはなんの連絡もないまま新聞辞令で臨時会開催を知ることとなった・・・、併せて副市長人事まで飛び出してきたので問い合せ殺到である・・・

 少なくても複数の議員の市長へのアドバイスにより、議会運営が正常化されようとしているのだから、方向性が決まれば当然、新聞辞令ではなく正常なかたちで臨時会開催の予定日が伝わってくることを議員は考えるであろう・・・

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-07-19 11:02 | ミキカズの四方山話

<< 学校施設の耐震化説明会に一考を! 議会運営委員会の管外行政視察報... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE