NHK大河ドラマ 『篤姫』 がイイ!

 小生は、中学生の頃からNHK大河ドラマを見ている。第1~2作は当時の大物役者を揃えた配役ではあったが、小生自身の年齢からかそんなに引きつけられるものではなかった。しかし、3作目緒方拳の「太閤記」、4作目尾上菊之助の「源 義経」、その後も北大路欣也の「竜馬が行く」では浅丘ルリ子のおりょうが可愛かったし、渡 哲也から松方弘樹へ引き継いだ「勝海舟」などほとんど見ていて、その時代その時代の歴史を登場人物を演じる役者により検証してきたように思い、小生の雑学の知識に影響しているものも多くある。

 これまでの描き方が織田信長や豊臣秀吉、或いは徳川家康など主役となるべき人物により歴史の見方がされてきた、或いはそれらに付随するものが脚本家の個性により人物がクローズアップされ歴史の中に登場してきたりしてきたようにも思う。

 そして、ここ何年かは時代を反映してか参謀の重要さが強調されているような演出、竹中半兵衛や黒田勘兵衛、或いは山本勘助など、これまでは豊臣秀吉や武田信玄が居て光る存在がむしろ彼らによって歴史上の人物を光らせていたようなドラマ設定が続いたように思う。

 「勝海舟」や「竜馬が行く」など幕末を描いた歴史ドラマは数多くあった。しかし、この大河ドラマにおいてはこれまで「篤姫」の存在など大したウェートを占めていないどころか、そんなドラマの中での配役すらも記憶にない・・・

 それなのに今回の大河ドラマ「篤姫」は好評のようであるし、小生自身毎回欠かさず見ている。若い配役の中で脇を固めているが「幾島」がドラマに緊張感を与えたくらい松阪慶子の熱演が光った。年齢的に主な人物が若い配役なので島津斎彬の高橋英樹、徳川斎昭の江守 徹、勝 海舟の北大路欣也はチョットと思うでもないが彼らがドラマの重厚さを醸し出しているようである。

 ドラマは、これから皇女和宮の出現により篤姫との確執とともに、無血開城、大政奉還への序曲が描かれていくのであろう・・・、日本の夜明けの一つをこれまでに余りポピュラーでなかった認識で知りることも然りで、逆境の中で篤姫を中心に人々の心理を垣間見て順境に導く方策を読み取るのもドラマの見方であろう。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-08-21 08:35 | ミキカズの四方山話

<< 生活文教常任委員会が管内行政視... 尾鷲ヒノキ内装材を売り込む! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE