長いこと雨らしい雨が降らなかったのに・・・

 長いこと雨らしい雨が降らなかったのに、暑かった夏が過ぎ去ろうとした矢先にこの集中豪雨、そして不安定な天気が続いている。

e0111346_2253193.jpg 夕方が満潮となる尾鷲港の様子を見に行くと、まだまだ波が荒れていた。

 この時間帯の豪雨は影響が大きいことから、雨が降らないでほしいと願う・・・

e0111346_22102971.jpg 市街地から北側に位置する便石山を仰ぐも雨雲に囲まれている。
 夏の間、高気圧に押し込められていた低気圧が大暴れしたようであるが、徐々に移動していくようである。

 29日は夕方から夜にかけて激しい雨に見舞われ、津地方気象台は「尾鷲市付近では時間雨量120mm以上に達した」と短時間雨量情報を発表した。その結果市内14戸が床下以上の浸水があり、満潮時と併せ紀望通りなども車両が通れないような状態となったのである。

 昨日は大きな災害がなかっただけに胸を撫で下ろすも、最近の一時的な大雨現象には驚かされる。今は季節の変わり目で余計に高・低気圧の位置が変わる時期でもあるが、温暖化などで自然の循環も大きく変貌しつつあるようだ。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-08-30 22:27 | ミキカズの四方山話

<< 防災訓練が行なわれました。 秋刀魚はやっぱり・・・、旨いモン! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE