三ツ矢のりお後援会「新春の集い」へ出席しました。

 尾鷲市成人式があった1月11日(日)は、夕方には市内において、三重県5区選出の三ツ矢憲生代議士の後援会組織が開催した「三ツ矢のりお後援会合同新春の集い」へ来賓として出席しました。

 この新春の集いは、尾鷲・海山・紀伊長島地区にある3つの後援会が合同で行なったもので、当然、3つの地区の後援会員さんとともに奥田尚佳尾鷲市長と奥山始朗紀北町長、川端龍雄紀北町議会議長、そして両市町議会の多くの議員が出席していたように広域から参加者が集った新年の交流会となりました。

 後援会代表による開会の挨拶のあと両首長が祝辞を述べ、いよいよ三ツ矢代議士の登場となりました。当然、現在の国政について分かりやすく、そして自身の考えを入れた政局を語られた。そのひとつ、定額給付金の麻生首相の苦しい答弁の話題では、私なら「貰ってから、10万円の消費につなげたい」と答えるとユーモアを交えて話されていましたが、代議士の所属します自由民主党には逆風が吹いていることを後援会の方々も承知ということなからか、庚寅生まれの代議士が真面目な顔でブラックユーモアをやられるので、静聴しているものには顔を緩めるタイミングを逃してしまうような雰囲気でした。

 しかし、国政では総裁選でも谷垣氏や与謝野氏を支持したことなどや国会議員の数を減らすべきとか、現在の国政の動向における諸問題についていろいろと話され、大変な立場ながらも言いたいことはまだまだたくさんあるようにも感じましたが、我々にとって一番大事な東紀州については先ず「道路整備」、そして、この次には「その道路と漁業・林業を生かし、それに流通・付加価値を加える、いわば第1次産業と第3次産業をミックスしていくような活性策で再生したい」と言い切り、これまでの国政の行動も東紀州への政策も言い訳などすることなく、また、ぶれることなく信念を持ってやり抜きたいと力強く語った。特に信念を持つことが大事なことであると・・・

 まだまだ話された代議士の言葉から、今の日本の経済の底が見えず、バブル崩壊時と同じようなデフレスパイラルな状態が続くと景気に大きく影響し、地方にとっては冬の時代はおろか氷河期を迎えてしまわないだろうかと小生は考えてしまった。

 そこで、乾杯の音頭を指名された小生は、「この三重県5区にとって東紀州にとって、いや紀北町と当市にとって、百年に一度の不況であれ、小泉元首相が自民党をぶっ壊したままであろうと、政界が再編されようと三ツ矢代議士は欠かすことのできない(必要不可欠な)人ではないか」と参加者に問うて、代議士のより躍進と、参加者のご健勝ご多幸を記念した次第であった。

 今年は総選挙の年ですが、いろいろと伺った話の端々から、早くて4月頃には解散風が吹くのだろうか・・・

 尾鷲市には、乗り越えなくてはならない重要課題がたくさんあります。いい意味でのCHANGEは必要ですが、変わることによる人的・物的、あるいは施策的ロスは避けなければなりません。


 今年のNHK大河ドラマは「天地人」です。そのホームページには、

 『上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた兼続は、その波乱の生涯を通じて、民・義・故郷への愛を貫きました。

 「利」を求める戦国時代において、「愛」を信じた兼続の生き様は、弱者を切り捨て、利益追求に邁進する現代人に鮮烈な印象を与えます。

 大河ドラマは、失われつつある「日本人の義と愛」を描き出します!』


と書かれています。

 政治家は、こうでありたいものです・・・、言葉ひとつにしても抽象的な表現は誰でもできます。思ったことがやれ無かったとしても、他人のせいにせず愚痴らず、知恵を出したり協力者を得て叶えることもできます。希望的な言葉も必要ですが、結果を出せば言葉など要らなくなります。

 
 小生も、成人式の挨拶にはキーワードを盛り込みました。若い人たちに①自己判断とか責任に対する自覚②情熱③感謝④そして、くにづくりとかまちづくりとかへの参加⑤totalで信念を持って実践してほしいと願いました。そしては義(仁義礼智信・義務・正義)と愛を貫いていただきたいと思います。


 最近、改めて日本の古い文化や伝統を重んじるようになってきたように思います。この地域はより田舎であっていいように思います。
 
 またまちとは、これまでは家族愛の核のもと、「向こう三軒両隣り」との付き合いを形成して営まれてきました。今の時代こそ日本人のよさである温故知新です、知恵を出し合いましょう。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-01-13 09:48 | ミキカズの四方山話

<< 『伝えたい尾鷲の食』 レシピ集... 『伝えたい尾鷲の食』 レシピ集... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE