鹿児島県から、鹿屋市議会が尾鷲市へ政務調査にやって来ました。

 鹿児島県鹿屋(かのや)市議会(定数34人)の会派合同で13名の議員のみなさんが、政務調査のため尾鷲市議会を訪れました。

 調査事項は、「地場産業について・雇用促進事業について」と言うことで、新産業創造課に担当していただきました。ちなみに鹿屋市(人口105,231人)は産業としては農業が主とのことと、カンパチの養殖もやっているようで、かのやばら園は自慢のようで、一度訪問されるように挨拶のなかで言葉をいただきました。小生も海洋深層水やその特産品、そして世界遺産熊野古道や夢古道おわせなどを積極的にPR致しました。

 そして視察には、県立熊野古道センターと夢古道おわせへ行っていただきました。そこではランチバイキングも召し上がったようです。

 鹿屋市議会は、各常任委員会のほかにも予算委員会・決算委員会が設置されたいるようで、いわゆる地方自治法の改正による常任委員会に複数所属となります。その他には議会改革に関する特別委員会と行政改革調査特別委員会が設置されています。

 小生は他の公務がありましたので、主に歓迎の挨拶と政務調査される調査事項の一部分だけ紹介させていただきましたが、挨拶時の話題では、奥田尚佳市長の「税理士業兼務による違反での書類送検」事件は承知しているようで、挨拶をする側も受ける側もバツの悪い雰囲気でした。

 しかしながら、議会は議員同士がお互いのまちの発展のため、真摯な取り組みをしていく以外何もありません。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-01-28 22:14 | ミキカズの活動日記

<< 三重県市議会議長会定期総会に出... 全員協議会が開催されます。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE