九木神社は、学問の神様!

 九鬼町にある九木神社へ行った記憶は1~2度くらいで、それもビデオ撮影のときであるから20年近く前である。

e0111346_958673.jpg

 九木神社も小生が生まれた三木浦町の三木神社と同じように、町の一番奥にたたずみ海のすぐ近くにありり、祭禮時の垢離掻きを行なう場所が鳥居の真ん前にある。

e0111346_103596.jpg この神社の蔡神が菅原道真と言うことである。
 そう学問の神様と言うことを知ったのは、奇しくも九鬼中学校最後の卒業式の日だった。

e0111346_1011268.jpg

 石の鳥居はなかなか歴史のあるもので、かなりの年季が経っている。

e0111346_10123831.jpg 鳥居は、三の鳥居まであり、境内にはもちろん長い歴史において大漁祈願、海上安全祈願が行なわれてきたことが伺えるる。
 その元に、海上技術を持っていたから、天満天神なのだろうか・・・
e0111346_1017594.jpg

 何と言っても、ここは九鬼水軍の地なのである。

e0111346_10225897.jpg

 しかし最近は、絵馬に象徴されるように「学問の神様」が力を発揮しつつのようで、九鬼町外からも参拝に来ているようである。

e0111346_102817.jpg そして、境内にはこのように子宝に恵まれるよう、また、一族が子々孫々まで栄えるようにと祭られている。
 皮肉にも、少子高齢化でこの九鬼町も過疎が進んでいるのである。

 
 彼岸入りをしていりことから、中日に当たる昨日、長女親子と先祖の墓参りに光が丘墓地まで出かけた。そのあとに長男夫婦が参ったようであるが、神仏に対して人としての基本的な信仰心については大切なことで、祖先を偲ぶこと、そして先祖を敬うことを欠かしてはならないのである。

全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-21 10:55 | ミキカズの四方山話

<< 尾鷲に、新しい民謡の風が・・・ 三木小学校の卒業式 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE