<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

熊野古道センター内覧会

 今日は議会全体(1名欠席)で県立 熊野古道センター(総事業費:約21億円)に行ってきました。
 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」、その熊野古道(伊勢路)を訪れる人々や地域の人々に、古道及び周辺の歴史、自然、文化などの情報を伝えるビジターセンターとして、尾鷲ひのき造りのゆったりとした建設空間を用意して、遠路のお客さまはもちろん地域の人々の憩いと交流の場(パンフレットの説明書きを引用)として、また、新たな建築工法の構造物としても注目されるであろう・・・、そんな期待をされる熊野古道センターのオープンが2月10日(土)と近づいてきました。
e0111346_205872.jpg












e0111346_2054172.jpg










多目的交流ロビーや展示室を覗いてみますと・・・
e0111346_20193482.jpg












e0111346_2038628.jpg










e0111346_20384447.jpg

e0111346_20391092.jpg











熊野曼荼羅図伊勢路編(中央には、八鬼山越えが描かれています)e0111346_2133835.jpg
















催し物や展示品に期待したいと思います。





また、尾鷲市においても、活性化策として隣接する地域振興ゾーンに夢古道おわせと命名した「地場特産品情報交流センター」が建設中であり、引き続き「海洋深層水活用型温浴施設」の整備が始まる予定です。(施設の管理については、みきかず日記/1月26日を参照)
e0111346_20533017.jpg

 上段が建設中の古民家をモチーフとした地場特産品情報交流センターで、下段が海洋深層水活用型温浴施設の建設用地です。
これらの詳細については、その都度報告いたします。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-31 21:10 | ミキカズの活動日記

広報活動について

 改選後、新たに議会広報委員会が新メンバーで組織されました。折角、編集に慣れ親しんだこれまでのメンバーのうち4名(津村・大川・田中宜哉・大西の四氏)が当市議会から離れたので大幅な交代はやむを得ません。広報活動は、市民のみなさんに議会活動を知っていただいたり、情報を共有することで尾鷲を良くしたい!良くしょう!と思う気持ちが通じ合うことや理解していただくことのためには大きな意義があります。
 個人的には、このブログを始めたのもその一つのささやかな取り組みですが、議員自らが広報誌やTV中継の実現に取り組んだり、或いは懇談会や自治会活動、祭り・イベント等に参加することも価値観を一(いつ)にする手立てでもあります。ニュー広報委員会は、南・端無・内山・北村・濱中の各議員とわたくしmiki-kazuで、一応は12月定例会を中心とした内容の編集でスタートですが、メンバーが一新された中で市民のみなさんと情報の共有することと自ら創作する楽しさもある委員会になると良いと・・・・・、そんな思いであります。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-30 10:14 | ミキカズの活動日記

世界松林流空手道

e0111346_1365251.jpg 昨夜、世界松林流空手道本部道場を訪ねた。この道場主は、同僚議員で会派「新世クラブ」を組む、高村泰徳氏である。道場入り口に掲げられた新しい看板とともに、現在は後進の指導に励んでいまるところであり、「礼に始まり礼に終わる」武道の精神は何事にも通じる所作である。

e0111346_137423.jpg

e0111346_1384230.jpg彼はこの流派の副会長を務めているが、父君である高村成弘氏の武術伝はあまりにも有名である







e0111346_1311417.jpg 夜間と言うことで建物の外景を写してないのが残念だ。しかし、この道場はかつて米蔵だった古いもので、そんなことから古民家と同じ情緒が漂う。一度訪ねてみるのも良いかも知れない。




空手の組み手を披露していただく・・・






e0111346_13125199.jpg

[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-30 09:34 | 尾鷲よいとこ四方八方

矢来組み

 今日は、2月1日未明から本格的に始まるヤーヤ祭りの練りから家屋を守るための、矢来組みを町の有志で行ないました。
e0111346_203362.jpg









             村瀬町頭長(左側)を中心に町頭たちが頑張っています!
e0111346_20342945.jpg
 


 新町縁りの方々を合わせた30人を超す人手が「チーム新町」となり、手伝い町を迎えたなら力強い練りをしようと準備に熱を上げました。

 
 そして、矢浜町のみなさんが顔見せに訪れ、矢浜神楽の舞を神殿に奉納してくれました。
e0111346_20422018.jpg











e0111346_20424213.jpg

e0111346_2043539.jpg








 



 いよいよヤーヤ祭りが始まります。新町では統制のとれた練りをしょうと毎晩梼屋に集まり、熱い議論を遅くまで交わしています。
みなさん新町にお越し下さい!
e0111346_20491782.jpg


















※「志」は今で言う新町のロゴですが、聞くところによりますと新町は新田町とも文字が被ることから「志」としたそうです。


2月1日    未明        扉開き
2月1日    午後6時30分  在周り(祭りの始まりを各町に知らせる)
2月2日~4日午後7時より   ヤーヤの練り
2月5日    正午        道中行列・大弓の儀・お獅子の出御
                    ・梼渡しの儀・梼送り
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-28 21:04 | 祭り・イベント・観光

平成19年 第1回臨時会

 提出議案としての第1号から4号は、紀北作業所等の「尾鷲地区広域行政事務組合」を解散して、介護保険の「紀北広域連合」に統合するものであります。ご存じのように紀北町とは他に「三重紀北消防組合」があり、合わせて3つの広域行政を組んで来ました。その中の2つを統合するもので、小生も一般質問で奨めていましたが2市町の集中改革プランの方針として、4月1日から実施するものであります。
 この結果として、財産はもちろん一本化され、尾鷲地区広域行政事務組合の職員は、紀北広域連合の職員として身分保障されます。そこで局長が1名となることから課長級の人件費1名分の削減や、議会費や事務費の削減ができ一千万円以上の費用対効果がでる案件と言えます。
 第5号は、県立 熊野古道センターに隣接する「尾鷲市地域資源活用総合交流施設」の指定管理者を、尾鷲商工会議所の役員等が中心となり設立した「株式会社 熊野古道おわせ」にするものです。
以上、5つの議案全て全会一致で可決されました。
 

 また、15名の委員で構成する「地域振興対策特別委員会設置に関する決議」の議員発議は全会一致で採択され、暫時休憩中に開催された特別委員会での選挙の結果、南 靖久議員が委員長に選出され、端無徹也議員が副委員長に指名されました。

※地域振興対策特別委員会の調査事項は、熊野古道センターに隣接する地域振興ゾーン「尾鷲市地域資源活用総合交流施設(夢古道おわせ)」に関することで、詳細は(1)地場特産品情報センターに関すること・(2)海洋深層水活用型温浴施設に関することの2項目を調査及び審査行うものです。(この間、所管の総務産業常任委員会での調査権を停止し審査はおこなわない。)


 本会議終了後、全員協議会が開催され、尾鷲市熊野参詣道伊勢路景観保護検討委員会の答申を受けた条例改正案や交通規制実施要綱案の説明がありました。そして報告として、県よりの鳥羽志摩広域連合のし尿処理の支援要請を引き受けることと、尾鷲総合病院へ4月着任予定の産婦人科医師が、自身の都合から辞退してきたことを市長やそれぞれの担当者が説明されました。
尾鷲総合病院の産婦人科医師の問題は、何かにつけて全国的にも有名になっていることも懸案事項のようです。
 
 地方自治体病院の医師不足については、医師の都会部への偏在や診療科の様々な事情、一方では、大学病院との信頼関係や連携等のデリケートな問題があるなかで、地域医療の中核病院として医師確保がどこまでできるか・・・が、課題であり病院経営の大きな悩みとなっています。議会もそのことを十分に認識して、市民のみなさんに不安を与えないように取り組まなくてはとの思いでいっぱいであります。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-26 21:58 | ミキカズの活動日記

尾鷲よいとこ元気アップ教室

 国保ヘルスアップ事業として国の100%補助である、「尾鷲よいとこ元気アップ教室」に応募したものの、この間、市議会議員選挙やら議会定例会や委員会等で情けない出席率である。
 この事業をモデルとして、新たな健康づくりから、市は国民健康保険事業特別会計のひっ迫さをできるだけ解消しようと事業を進める中で、その現場で頑張っているのが福祉保健課の保健婦さんである。小生のように出席率が悪ければ、その保健婦さんの熱心さと参加者への心づかいとも言える優しい呼びかけも、有り難いものの申し訳ない次第である。
 身長170㎝弱である小生の体重は、10~20歳代で50㎏台→30歳代で60㎏台→40歳代で70㎏台、そして50歳代で80㎏に限りなく近づいている。当然生活習慣病に関係ないとは言い難く、こんなはずではなかったと悔やんでは反省の日々である。この教室にまじめに通い・・・・・これも悔やんでいる。
 
 歳を重ねるごとに格好良く!は何処へやら・・・  それに健康は自分自身の問題なので気分転換をして取り組もうと、いつも胸のうちで誓うのだが・・・・・。


※国保ヘルスアップ事業=生活習慣病の予防に重点を置いた健康づくり推進を図るため、生活習慣病予備軍に対する個別健康プログラムの開発、健康づくり事業の実施、事業の分析・評価をおこなう国の補助事業
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-25 23:18 | ミキカズの活動日記

尾鷲市クリーンセンター竣工式

 今日は、本市の矢浜字真砂福松地区に建設された「尾鷲市クリーンセンター」の竣工式に出席しました。
e0111346_0295313.jpg

 日量40KLの処理能力を持つ浄化槽汚泥対応型膜分離高負荷脱窒素処理方式で残滓処理を資源化するもので、黒潮踊る熊野灘を守るとともに堆肥を農地還元する優れた施設です。
 当然、ロンドン条約で取り決められていますが、これまでにし尿等の海洋投棄をやめて陸上での処理に転換しようとした、第2代(故)岩城市長や第3代(故)長野市長時代からの待望久しい施策の遂行となった次第です。
e0111346_0394636.jpg

 式典に先がけ、ローリー車搬入口で、伊藤市長や野田県議、県政策部東紀州対策坂野局長等によるテープカットで式は始まりました。
e0111346_121481.jpg
 
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-24 23:24 | ミキカズの活動日記

第23回全国尾鷲節コンクール実行委員会立ちあげ!

 昨日(23日)、 第23回全国尾鷲節コンクールの第1回目の会議が開催されました。小生が実行委員長に、とのようであります。今にして思えば第8~10回の実行委員長は尾鷲青年会議所からの引き継ぎであり、今回も出場者数が減少し市が財政的にも厳し状況の中での役目であります。両方の機会とも、やはり困難窮まりない時での就任です。
 誰かがやらなくてはならないことなので務めることとしましたが、12年以上のブランクは大きく、そして年齢的にも感性と体力の衰えをどうカバーしていくかが、小生にとっても大きな問題でもあります。
 このうえは、若い実行委員のみなさんの感性と技量をどう活かすかが小生のテーマのようです。どうか市民のみなさん、温かいご声援とご協力を!お願いいたします。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-24 21:21 | 尾鷲節

政務調査視察(予定)

 地方議連のメンバーで任意参加とする勉強会的な取り組みとして「明日の尾鷲を考える会(呼称:明鷲会)」を提案し、最初の事業として2月13~14日に三重県伊賀市議会(議会基本条例について)・モクモク手づくりファーム(尾鷲への進出について)、愛知県高浜市(行政改革と財政効果について)政務調査視察を行う予定をしています。
 今、国においても地方制度調査会の会議の中で、行政(首長)と議会(議員)の二元代表制や地方議会のあり方そのものが問われています。「住民自治基本条例」や「議会基本条例」が各地で立案されているのは、それぞれ棲み分けの中で立場を明確にしていこうとする動きです。やがて、当市議会においても議論の波が押し寄せてくる案件であります。
 また、モクモクファームさんにおかれては、折角、伊賀市へ行くこととなりましたので、表敬訪問とともに古江小学校跡へ起業していただくことについての戦略をお聞かせいただきたいと思います。
 三番目の高浜市は、全国でも住民サービスを落とさず行政改革や諸々の取り組みに効果をあげている代表的な自治体として、あまりにも有名であり、尚かつ、全国からの視察件数が多く、なかなか受け入れいただくのが困難な市役所でもあります。今回は、快く受け入れていただき、期待して止まない政務調査視察であります。
 視察結果につきましては、このブログの「みきかず日記」や地元新聞にてご報告したいと思います。
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-22 20:14 | ミキカズの活動日記

東紀州地域のサイト

東紀州地域に関連するblog&h/pです。

◆尾鷲商工会議所

 ■尾鷲商工会議所ホームページ
  タイトル:尾鷲商工会議所
  URL:http://www.za.ztv.ne.jp/owasecci/

 ■尾鷲商工会議所ブログ
  タイトル:尾鷲商工会議所ブログ
  URL:http://blog.livedoor.jp/owasecci/

 ■尾鷲商工会議所青年部
  タイトル:尾鷲ぐるりうまっぷる
  URL:http://www.za.ztv.ne.jp/owasecci/yeg/top.html

 ■夢古道おわせofficialブログ
  タイトル:夢古道おわせofficialブログ
  URL:http://yumekodo.cocolog-nifty.com/blog//


◆その他のblog&h/p

 ■三重県尾鷲県民センターのホームページ
  タイトル:三重県尾鷲県民センター
  URL:http://www.pref.mie.jp/okenmin/hp/

 ■東紀州ほっとネット“くまどこ”
  タイトル:くまどこ
  URL:http://www.kumadoco.net/index.php

 ■紀北 紀伊長島港と紀南 さぎりの里ライブカメラ
  タイトル:くまどこカメラ
  URL:http://kumadoco.net/camera/index.html

 ■東紀州地域活性化事業推進協議会
  タイトル:東紀州ワンダーランド   
  URL:http://www.kassay.org/

 ■三重県立 熊野古道センター
  タイトル:熊野古道センター
  URL:http://www.pref.mie.jp/kihokup/hp/center/index.htm

 ■ドライブ旅行記 三重
  タイトル:三重のドライブ
  URL:http://precious.road.jp/mie/index.htm

 ■たびえとせとら~東紀州観光の魅力と旅の思い出
  タイトル:たびえとせとら~東紀州観光の魅力と旅の思い出
  URL:http://www.ztv.ne.jp/xaepa7sb/index.html
[PR]

  by mikikazu82 | 2007-01-22 19:13 | リンク集(東紀州サイト)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE