<   2008年 05月 ( 62 )   > この月の画像一覧

 

田舎に全員集合!です。

 小生、本来は自宅で簡素でも静かに食事をするのが好きな方であるが、これが以外と食べることに恵まれているのだろうか、かなり外食とか・・・ご馳走に巡りあうことが多いのが現状である。

 今日は娘家族の呼びかけで、息子夫婦ともども割烹田舎で食事会となった。

e0111346_23161333.jpg

 刺身といい、牛肉のタタキや天麩羅といい旨いモンをご馳走になった。この他にも単品料理やご飯・味噌汁といったメニューだったが、また旨いモンを食べてしまった(小生、生活習慣病とかメタボリックな身からすれば・・・、「また」なのである)と、いったような気分なのである。
 しかしながら、生きていくうちで食べることは一番大切なことでもあり、食べることこそ究極の快楽なのかも知れない・・・、と御託を並べてみたものの単純に誰がなんと言おうと旨いモン旨いモン!なのである。

e0111346_2325273.jpg

 4月から彼の母親が仕事に就き、保育園に通園しだし1ヶ月余し精神的にストレスをためていたようであったが、ここ数日は見違えるように逞しくなってきたのである。だから食欲も旺盛で何かと催促をする彼なのである。

 小生は酒類を楽しみながら食べる方でもないので、いつも自分のものをたいらげると彼を連れ出し辺りを散歩しに出かけるのがパターンなのである。ゆっくり食事をさせてやろうとする・・・いわゆる小生流の何気ない気遣い方「その1」なのである。(笑)

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-31 23:53 | 今日の「旨いモン!」

尾鷲市議会政務調査費について

 尾鷲市議会では、平成12年に「尾鷲市議会政務調査費の交付に関する条例」、及び「尾鷲市議会政務調査費の交付に関する条例施行規則」が定められ、平成13年4月1日から条例等が施行されたことにより、政務調査費(月額12,500円)が支給されています。ちなみに、三重県議会議会ですと「三重県政務調査費の交付に関する条例」の第2条で月額33万円(会派15万円、議員18万円)交付されるようになっています。1人会派が認められていることから1議員あたり1ヶ月33万円が支給されていることになり質の高い政務調査・・・をしているのだと想定します。

e0111346_1710878.jpg

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif

続きは、ここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-31 16:53 | ミキカズの四方山話

霧雨に煙る天狗倉山

 夜来の雨が止み、早朝、霧のような小雨に煙り見え隠れする天狗倉山

e0111346_20555785.jpg
                               (撮影は、国道42号線)

 ここからみる天狗倉山も好きである・・・、しかしここは、車で北進するときにチラッと見るのみであったが、この日は車を左の路肩に寄せ外へ出てみた。
一瞬の間に、天狗倉山は霧雨に煙り見えなくなってしまった。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-30 21:16 | 尾鷲よいとこ四方八方

尾鷲市連合婦人会との懇談会を行ないました。

e0111346_8374331.jpg 予てより南 靖久議員弓場登志子会長とアポイントメントを取っていた尾鷲市連合婦人会との懇談会が、やっと実現されました。
 昨年来よりの計画が、県婦人会尾鷲大会や議会定例会や市長選挙、或いは年度替わりなどの理由が重なり本日になった次第であります。

e0111346_8425575.jpg

 会議は南 靖久議員の進行で始まり、冒頭の挨拶で弓場会長から連合婦人会の活動、とりわけ地球温暖化問題に取り組まれていることを報告いただき、全体の要望として研修や地域間交流などに市マイクロバスを利用させてほしいことや助成金の復活を訴えられました。
 
e0111346_8502813.jpge0111346_91429.jpg
 
 左側の写真は、連合会本部役員でもあり南・北婦人会会長(ほか1名)と三木里婦人会会長(ほか3名)、右側の写真は弓場会長の左側が賀田婦人会会長(ほか1名)です。

 三木里婦人会よりは、過日の連合婦人会役員と奥田尚佳市長の懇談会での発言が報告された。内容については地元新聞への投稿やコラムで掲載されていた三木里インターに関わるものであったが、発言内容がリアルで特に八十川に関連する奥田市長の魚関連発言や県・市・三木里地区での三者協議会開催に関する発言などやグリーンツーリズム廃止発言など、本当であれば大きな問題を含む事態になりかねないと参加した議員が聴き入っていた。また、三木里地区に建てられている看板についても、その内容が社会問題化しそうな話が出たのであった。

 賀田婦人会からは、学校の耐震化問題や賀田地区の活性化、交番問題などが提案された。

e0111346_9161010.jpge0111346_9163046.jpg
 
 左側の写真で、弓場会長右隣りが九鬼婦人会会長、右の写真は、左2名が三木浦婦人会会長(ほか1名)で、ひとり挟んで本部役員でもある北婦人会会長と事務局のみなさんです。

 九鬼婦人会からはごみステーション不足と猿や鹿の害について問題提起されました。

 三木浦婦人会からは、小学校プールの水を飲料水と活用するなどの訓練をここなっているが、防災用品として災害時の炊き出し釜が不足しているので調達してほしいとの要望がありました。

e0111346_934663.jpg

 連合婦人会からは弓場会長を始め14名と事務局1名が参加していただきました。一方の議員側は懇談会を企画しました自由クラブから南 靖久議員・高村泰徳議員・濱中佳芳子議員と小生、そして北村道生議員・端無徹也議員・中垣克朗議員・内山鉄芳議員の8名で、いわゆる有志で勉強するかい!常連メンバーたちでした。

 懇談会の最後に進行役の南 靖久議員より、審議会が開催されています「ごみ問題」について提案がありいろいろな角度から話が出ましたが、統一見解として「ごみの有料化ありきではなく減量化を進めるのなかでの答申」には、真摯に受け止めなければならないだろうとのことであった。


 今回の連合婦人会のみなさんは今風の「男女共同参画社会」形成に先駆けて、女性の文化活動や生活雑排水などの環境問題、或いは地域づくりに行政をバックアップしてきた組織であり、懇談会の内容も地域に密着しつつも女性ならではの立場での見解を持ち合わせていることから、いろいろと勉強になったのでありました。
 今後もいろいろな団体や地域のの呼びかけに応じて、市民の方々の話を聞く懇談会や意見交換会を行なっていこうと考えるのであります。

 しかしながら進行については、過日の古江地区の小生といい、今日の南 靖久議員もそうだと思いますが、できるだけ相手さまの話を聞くことに徹しようとしても誰かが答えなくてはならず満遍なく返答者を振り分けようとしてもその難しさや、また議員により質問に対する返答ではなくいつの間にか演説と化すこともあることから、進行役を務めることは大変な労力と、ましてや相手さまに適切な返答をしなくてはという気遣いと、議員側にも発言機会の均等さを気配りしなくてはならないなどの神経を使うのであります。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-30 10:23 | ミキカズの活動日記

『気楽に描こう会 絵画展』が開催されています。

e0111346_815124.jpg 尾鷲市中央公民館 1階 市民ギャラリーで気楽に描こう会 絵画展が開催されています。

 公民館で会合を行なった帰りに立ち寄り、気楽に・・・などと言いながら「見事な絵を展示している」なぁ・・・と、眺めてきました。

e0111346_8191054.jpg

e0111346_8194254.jpg

e0111346_820311.jpg

 この展示会は今月の19日(月)から始まっていますが、明日31日(土)まで開催されています。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-30 08:31 | ミキカズの回覧板

尾鷲市議会 第2回定例会が開催されます。

 議会運営委員会が26日(月)に開催され、尾鷲市議会 第2回定例会、通称6月議会の会期及び議事日程が決められ、提出された議案や請願・陳情などの書類審査及び申し合わせ事項の確認が行なわれました。

 会期及び議事日程については6月3日(火)から23日(月)までの21日間で、提出議案は第23号 平成20年度尾鷲市一般会計補正(第1号)の議決についてをはじめ13議案と報告8件、請願・陳情各1件です。

続きは、ここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-29 07:38 | ミキカズの活動日記

新町 花物語り

 いまの時期、新町を歩く度にいろんな花が咲いていて思わずデジカメとなる。時には用事を済ませたあとでカメラを取りに戻る・・・、新町を歩くにはカメラは必需品なのである。

e0111346_132920100.jpg

e0111346_13295756.jpg

e0111346_1331443.jpg

e0111346_1332380.jpg

e0111346_13331779.jpg

e0111346_13385735.jpg


e0111346_1335247.jpg

e0111346_13353441.jpg


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-28 13:43 | 尾鷲よいとこ四方八方

古江地区懇談会が開催されました。

 昨夜は、古江地区(庄司剛士区長)で懇談会を行ないました。

e0111346_7172280.jpg

 予てより古江地区の方々から「地区へ出てきてほしい!」と声をかけていただいていましたので、地区の代表である庄司区長にお話しし懇談メンバーや日程を調整していただき開催することとなったが、生活文教常任委員会の管外行政視察直後となってしまい行き当たりばったり的なフリートークとなってしまいました。

 しかし小生らは、市民の、地域の人の声を真摯に聞くことが重要な仕事であり、それを行政のなかへどう活かしていけるか・・・が、肝心なことでもあります。

e0111346_7431856.jpg この日の懇談会については庄司区長さんのコーディネートで行なわれましたので、日程はもとより、参加メンバーも地区役員や古江若い風の会・老人会・漁協婦人部&アクアサポート古江・公民館・PTA・消防団・漁協関係などの各団体代表18名の方々との懇談会となりました。
 
e0111346_130321.jpg 一方議員側は例によって、有志で勉強するかい!の集合となり、
 写真右から
北村道生議員・内山鉄芳議員・中垣克朗議員・端無徹也議員と、
企画させていただいた自由クラブからは濱中佳芳子議員と小生、合わせて6名が古江区の方々18名と車座で2時間を超す意見交換会となりました。

 この懇談会では、すでに総務産業常任委員会(村田幸隆委員長)を通じ要望が出ています巡回バスや公園の水洗式への変更などとともに、熊野尾鷲道路三木里インター供用後の古江地区(30km/h通行)の交通安全についてや、海洋深層水の取水地区としての産業振興、消防団や個別受信機など防災に関することなどが意見や要望、或いは市長の交代で尾鷲市の施策が変わるのか・・・etc、また、そのこととは別に議員が地域へお話を伺いに来たというだけでも、多少の意義を感じていただいたようで熱心で活発な意見交換会となりました。
 今回の懇談会の意義のもう一面は、庄司区長が最後の挨拶で「20年来の構想である古江地区各団体の連絡協議会的な組織を創り今後も話し合いたい」と述べていたので、その組織づくりのお手伝いもできたのかと、こちらの面の意義を小生が感じ取っている次第であります。

 執行権のない我々議員は、「オレがこの地区の要望の何をしました!」などということはあり得ず、いかに行政の施策に反映させるかであり複数の議員の取り組みがあってこそだといえます。

 この懇談会での意見を真摯に受け取り、少しでも市民のみなさんや地域の方の思いを議員活動に活かしたいと考えつつ帰路につきました。要望的なものもあったので、これらは執行部に問い合せ速やかに返答を伝えたいと思います。
 なお、開催日程の決定が性急だったこともあり、すでに他の予定が入っていた我が自由クラブ南 靖久議員高村泰徳議員は調整が付かず、不参加となってしまったことを地区の方々に伝えた次第であります。

 今後も地域へ出向き、議会活動報告やフリートークでも何でも形式にこだわらず市民のみなさんや地区の話を聞くことを繰り返してこそ、少子高齢化や過疎化が進むなかでのまちづくりの原点なのかも知れないと痛感しました。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-28 08:47 | ミキカズの活動日記

6月の予定

 1日()  9:00~ 平成20年度三重県土砂災害防災訓練
                場所:尾鷲市市三木浦区(三木浦マリンパーク)
                主催:三重県・尾鷲市

                
 2日(月)  9:30~ 第4回長茂会地域交流運動会
                尾鷲市体育文化会館

        19:00~ 尾鷲神社氏子総代会 
 3日(火) 10:00~ 本会議
 4日(水) 13:00~ 県民センター
 6日(金) 11:00~ 地方議連代表者会議(津市)
        19:00~ 尾鷲市自治連合会総会
                中央公民館 3階


 9日(月) 15:00~ ロハスビジネスセミナー
                三重県尾鷲庁舎 5階 大会議室

10日(火) 10:00~ 本会議(質疑・一般質問)
11日(水) 10:00~ 本会議(一般質問)
12日(木) 10:00~ 本会議(一般質問)
13日(金) 10:00~ 本会議(一般質問)
14日() 10:00~ 尾鷲市障がい者スポーツ大会
                尾鷲市体育文化会館


16日(月) 10:00~ 総務産業常任委員会
17日(火) 10:00~ 総務産業常任委員会 
18日(水) 10:00~ 生活文教常任委員会
19日(木) 10:00~ 生活文教常任委員会
20日(金) 10:00~ 地域振興対策特別委員会
22日() 10:00~ 尾鷲市戦没者追悼式
                尾鷲市民文化会館 大ホール


23日(月) 10:00~ 本会議(委員長報告・採決ほか)
        19:00~ 尾鷲高校同窓会 第1回役員会


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-26 23:10 | ミキカズの予定表

兵庫県南あわじ市の『少子化対策について』

 生活文教常任委員会2番目の管外行政視察は、兵庫県南あわじ市『少子化対策について』です。和歌山県新宮市を政務調査したことでもわかるように、少子化対策子育て支援、そして最近では縁結びが行政のメイン事業になりつつあるような予感がしています。

 南あわじ市は平成17年、広域行政を行なっていた三原郡4町(緑町・西淡町・三原町・南淡町)の合併により誕生した。淡路島の南部に位置し面積229.18k㎡の地域で神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジと淡路島南インターチェンジとで結ばれていて、総人口52,888人(4月1日現在)です。ちなみに議員定数は28名です。

e0111346_1850247.jpg

 視察には、市議会議長の登里伸一氏と副市長の川野四朗氏や健康福祉部少子対策課の職員のみなさんが対応してくれました。余談ですが、さぬき市も部長制のなか、次長級が女性の課長で驚いたのですが、南あわじ市の少子対策課長も女性だったので、能力次第とはいえ男女共同参画社会が進んでいるのかと視察外のことでしたが気になりました。

 南あわじ市では総合計画基本構想での10年後(平成28年)において合併時の人口5万人を下回らないことを基本として、市の活力を維持し、永続的な発展を目指して急激な人口減少による少子高齢化に対応した政策を総合的に展開するため、平成19年少子対策関連事業等の部局間調整を図るとともに連係強化を行ない、特殊出生率を向上することを目的に少子対策本部が設置され、同年4月1日に健康福祉部少子対策課が設置されています。
 また、南あわじ市頑張る地方応援プログラムは、少子対策事業を中心に策定されていました。

e0111346_19152552.jpg

 少子対策事業も明確で、保育料第2子以降無料化事業11,000万円、出産給付事業1,608万円・入学祝い金事業1,020万円、妊婦健康診査費助成事業1,050万円(県60%)、乳幼児等医療費助成事業8,159万円(県30%)、放課後児童健全育成事業「学童保育」3,726万円(県18%)、児童館運営事業1,178万円、子育て学習センター事業1,229万円、児童手当38,400万円(国・県、各1/3)、新婚世帯家賃補助事業696万円、通勤・通学者交通費助成事業1,302万円など総額7億183万円が20年度事業として計上されていました。
 国・県の補助もありますが、中田勝久市長まちづくり施策が明確で,
なおかつ予算にキチンと位置付けられていることへの驚きと、行政スタッフも市長のビジョンに忠実に、議会もそのビジョンを理解して審査しているようでした。

 上川少子対策担当大臣に南あわじ市の少子対策の状況説明をされことが資料にありました。

e0111346_20111145.jpg 
 他にも、子育て支援ハンドブックが作成されていたり、縁結び事業にも力を入れているとの説明をしていただき、独身の内山議員などは熱心に質問やら、南あわじ市の事業結果を聞きいっていました。

 行政視察メニューに入っていませんが、この地は「阪神淡路大震災」を体験していることから小・中学校の耐震対策は100%済んでいて、次は幼稚園だと述べていました。

 ここ南あわじ市も、新市のまちづくりに合併特例債を活用されているようで実質公債費比率が20%近い状態でしたが、予算の中で交付算入される地方交付税の内容については財政担当者がいないことから伺うことができませんでしたが興味のある質問部分でした。
 
 もう1点は、議員政治倫理条例ですが合併前から条例化している町があったことから市条例の制定がすでにされていて「政治倫理確立の調査特別委員会」が設置されていました。条例の写しを拝見させていただきましたが非常に厳しいもので、この条例制定後、立候補を残念した現職議員がいたと登里議長さんが苦笑しながら話されていました。議員報酬的に議員活動に専念できる議会だからこそできる条例内容だとも思いました。ちなみに委員長の報酬には手当15,000円が加算されていました。

 最近の行政視察や政務調査視察はソフト事業のものが多くなってきました。しかしながら、何処で聞いても「我がまちの市長のビジョンですから・・・」とか、「我がまちの市長が進めている施策ですから・・・」とか、「我が市長が決めたまちづくりですから・・・」と管理者と職員、時には議会と信頼関係において一体となったまちづくりがそこにあります。いつも思うことは、我が尾鷲市もそうであってもらいたいということです・・・

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-05-26 20:48 | ミキカズの活動日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE