<   2008年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧

 

賀田区の新規『採石事業』問題

 地元新聞2社が9月28日付で報じているのは、市内の会社が賀田町の山林で計画している新規の採石事業に対し賛否を問う住民投票が行なわれ、賀田公民館で老人クラブ会長・婦人会会長・区理事3人を立会い人として区理事と監事6人が開票作業を行ない、20才以上の有権者は649人(330世帯)のうち投票者総数637人(98,2%)のうち反対604票(95%)で圧倒的反対の結果が出たようである。ちなみに、山林の持ち主が賀田区の方ということもあり賛成24票で無効は9票あったようだ。

 この新規採石事業計画の打診は、本年の6月くらいに市内の会社より賀田区の方にあったようで、区は法律的な対応も必要と大川哲次弁護士(尾鷲市顧問弁護士で市民相談などを行なっている)に、相談業務を委託していることから、今回の結果を踏まえ、同社に「同意できない」ことを同弁護士を通じて文書回答するようである。

 理由として、①申請予定地が現3業者が採石を行なっているところより上流であることから、賀田町・古江町の簡易水道水源の上流となり生活水の濁水や汚染が危惧される ②現3業者より上流での採石は古川本流の清流が濁ることが予想される。これら①②により古川は元より賀田湾の汚染が更に増大する ③採石運搬車による粉塵公害が益々ひどくなり、賀田区民の健康が害されるおそれが非常に大きい ④これまで地場産業として住民は長い歳月辛抱をし強力をしてきたが、これ以上の環境汚染は住民として限界であるなどで、認可権を持つ県尾鷲建設事業所と意見書を添える立場にある尾鷲市長宛嘆願書が提出されているようである。

 この話は8月頃に地区の方から伺っていたが、区民同士の争い等に発展しないように同弁護士に依頼して対応しているとのことであった。

 報道による市内の会社代表の話では「事業計画の説明会を賀田区に申し入れても拒否され門前払いでは理解できない。法的に事業計画を進めていく」とされている。

 事業は、1ヘクタール以上の森林開発は森林法での認可が必要で、この認可がでれば採石法に基づく採石業者登録と岩石の採取計画の認可申請が手続きである。

 この採石法では、採石業者の登録は採石法の規定に基づき、「採石業務管理者」の資格者等を配置する一定の条件を添え三重県知事におこないます。その際資質面をしんさされるようですが、現実に岩石の採取を行なうとするときは、採石場ごとに採取計画を定め三重県知事の認可を受けなければなりません。
 
 認可(にんか)とは、行政法学においては、行政行為のうち私人の契約、合同行為を補充して法律行為の効力要件とするものをいい、認可の申請があった場合、行政は、当事者が必要とする要件を満たしていると認めれば認可を行う。許可とは異なり、行政が意図的に認可を行わないことが認められていないので、ここが「認可」「許可」の大きな違いなのであります。

 申請されたの段階で県と市との事前協議が行なわれるはずである。

 しかし、採石業の実施は地域社会に与える影響が大きく、市町村は住民の福祉の向上や地域の安寧を図る立場から、必要に応じ意見を述べ、また対策を検討する必要があるため関係市町村長の意見を聴取します。これを「市町村長意見照会」といい、産業振興の側面があるにせよ、ここが尾鷲市にとって住民の意向を反映させる重要なところであります。結果は、三木里八十川問題でみんなが認識しているように、生活環境を守ることには何よりも厳しくされている奥田市長の手腕次第となります。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-30 09:39 | ミキカズの四方山話

10月の予定

 3日(金) 19:00~ 全国尾鷲節コンクール実行委員会
 5日()  8:30~ 尾鷲小学校運動会
         9:00~ 三木小学校運動会

 6日(月) 19:00~ 八幡神社氏子総会
 9日(木) 10:00~ 政務調査視察(和歌山県田辺市) 
                世界遺産センター/本宮町
                参詣道(熊野古道)/中辺路町
10日(金)  8:30~ 政務調査視察(和歌山県高野町)
                高野町役場
11日()  8:30~ 南輪内保育園運動会
12日() 18:30~ 三木浦秋祭り/稲荷神社前夜祭
                提灯行列・神事・御幣もみ


13日()  9:30~ 三木浦秋祭り/三木神社式典
                神事・道中手踊り・太鼓・婦人部踊り・餅まき
                漁船パレード

15日(水) 14:00~ 人権講座(見つめ直そう、差別の現実)
                講師:奥田 均 氏
19日() 10:00~ 深層水フェスタ
                古江アクアステーション


20日(月) 19:00~ 公共交通(バス)の係る住民説明会
                尾鷲市中央公民館 3階講堂
        19:00~ 全国尾鷲節コンクール実行委員会/全体会議
                議会 第2・3会議室

23日(木) 10:00~ 生活文教常任委員会
                陶芸教室に係る経過報告について
                新ごみ処理施設整備に係る基礎調査報告について
24日(金) 10:00~ 議会運営委員会/全員協議会
25日() 13:00~ 第6回 熊野古道まつり
26日() 10:00~ 第6回 熊野古道まつり

27日(月) 19:00~ 学校耐震説明会(PTA対象)
                尾鷲市中央公民館
28日(火) 10:00~ 第3回臨時会
30日(木)        長茂会合同運動会
31日(金) 10:00~ 議会運営委員会
                議員倫理条例制定について

※16日に市道梅ノ木谷線改良工事(一般競争入札)が1億6千246万円(消費税込み)で丸昇建設・橋本組特定建設工事共同体(JV)が落札(予定価格に対し落札率は75.8%)し、仮契約が取り交わされた。市条例により契約金が1億5千万円を超す契約については議会の承認を必要とすることから、近日中に臨時会が開催される予定である。       

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-29 21:10 | ミキカズの予定表

『深層水フェスタ2008』など、催しもの案内

この秋、講演会や研修会などがいろいろ行なわれます。

尾鷲市地震防災講演会 
 日 時:平成20年10月 1日(水) 19:00~
 場 所:尾鷲市中央公民館3階講堂
 講 師:群馬大学工学部 教授 片田敏孝 氏
 内 容:尾鷲市の津波防災を考える
 主 催:尾鷲市
      【問い合せ】尾鷲市防災危機管理室 23-8118

尾鷲市自治連合会/研修会
 日 時:平成20年10月 4日() 13:30~
 場 所:尾鷲市福祉センター 4階
 内 容:①悪徳商法の対応について 上村隼右 氏
      ②詐欺被害の現状と防止   尾崎規文 氏 (尾鷲警察署)
      ③津波体験談          山西敏徳 氏
      ④地震に備えて         高田大禮 氏
      ⑤家庭での防災対策      野中 譲 氏 (尾鷲市)
                        沢田 純 氏 (尾鷲市)
 主 催:尾鷲市自治連合会 
      【問い合せ】尾鷲市市民サービス課 23-8250

第32回JAXAタウンミーティングin尾鷲
 日 時:平成20年10月 4日() 13:30~
 場 所:尾鷲市中央公民館 3階講堂
 内 容:宇宙を身近に感じよう!
 主 催:尾鷲市教育委員会/宇宙航空研究開発機構(JAXA)
      【問い合せ】尾鷲市教育委員会生涯学習課 23-8293
 
健康体操
 日 時:平成20年10月 5日() 10:00~
 場 所:尾鷲市体育文化会館
 講 師:中野 誠 氏 (尾鷲市)
 主 催:尾鷲市自治連合会/健康推進部会
      【問い合せ】尾鷲市市民サービス課 23-8250

三木浦秋祭り
 日 時:平成20年10月12日() 18:30~ 稲荷神社前夜祭
                        (提灯行列・御幣もみなど)
                13日()  9:30~ 三木神社祭禮
                        (道中踊り・餅まき・漁船パレードなど)
 場 所:三木浦町内
 主 催:三木浦町内会/三木浦漁業協同組合
      【問い合せ】三木浦町内会 28-2313

e0111346_8474653.jpge0111346_84978.jpg

深層水フェスタ
 日 時:平成20年10月19日() 10:00~14:00
 場 所:古江アクアステーション
 内 容:さかなつかみ取り・深層水当てクイズ・深層水足湯・深層水料理など
      【問い合せ】古江アクアステーション 27-8080

e0111346_8533027.jpge0111346_85477.jpg
 
三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
 
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-28 11:25 | ミキカズの回覧板

秋色

 秋彼岸も過ぎ、日増しに秋の深まりを感じるころとなりました。市内の小中学校では運動会が行なわれているようで、学校により丁寧なご案内をただだきながら、八幡神社祭禮とか台風による被災地域視察などと前後してしまい、結局見学に行ってないような状況で申し訳ない次第であります。

 今週も行なわれているようですが、子どもとか孫とかが出ていないとこういった行事を見に行くことには、シャイになってしまうことがある。できるだけ顔を出して子どもらから元気をもらわなアカンなぁ・・・と思うのです。

 それにしても最近のあいさつ言葉は、「日が暮れるのが早くなったねぇ」とか「朝晩は少し寒いくらいになったなぁ」とかで、新町では庭越しに通り行く近所の人と声をかけ合っています。

e0111346_17581566.jpg

e0111346_17585771.jpg

e0111346_1825417.jpg


e0111346_1812955.jpg

 我が家の庭先にもすっかり秋の気配が漂う。高く澄みきった空に白いうろこ雲が浮かぶ…、そして秋色の青さが目いっぱい入ってきます。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
 
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-27 18:09 | ミキカズの四方山話

新町の集い ~ 活力 ~

 9月15日(月)に行なわれた八幡神社祭禮の反省会が行なわれました。

e0111346_061118.jpg

・・・と言うより、気持ちは来年の尾鷲神社祭禮を語り合う新町町頭連であります。約40年ぶりに「宝来栄」を復活させようとしているので、右側にいる連中は興奮しています。些か無謀な出発のようにも思えますが、物事は動き出さねば始まらないのであります。
 無理難題を活力として達成感を求めることにより、明日のまちづくりの活力にするのみかも知れませんが、時には計算尽くの人生より楽しいかも知れません。やるしかない!

 確かに神社の祭禮に関連する行事ですが、観光資源の乏しい本市では集客交流を総合計画に掲げてもヤーヤ祭りやハラソ、或いは九鬼町の祭りなどメディアに取りあげていただき郷土の文化や芸能と同等の表現をしていただき集客の手立てとしている現実があります。また、神楽等も本質的な役目を怠らず、文化芸能的要素を併せ持ち後継者育成し伝統を承継しています。

 しかしながら行政では、何も書くことがないとこれらを総合計画で軽々しく描きながら、実質的には自分たちで建設的な取り組みをできもしないのに、やれ「政教分離」などを体裁よく言ってみたりしている。そう言うヤツに限って自身何もまちおこしなどできない輩のようである。言葉を並べてみたりするのが行政と勘違いをしているようで、今の時代における発想の転換もできずノウノウと机上の理屈だけで悦に入っている職員がいるようだ。議員という立場にいると制度として「1年でも民間で働かすべきだ!」と以前にも言っていたことを考えてしまいます。

つづきを読む・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-27 01:14 | 地域コミュニティー

尾鷲市副市長の選任案は不同意!

 今月の3日(水)に開会した平成20年度 第3回定例会閉会しました。当初提案された11議案のうち第47号・51号が賛成多数で、その他の第48号・49号・50号・(52号・53号・54号は9月3日に議決)は原案採択、55号・56号・57号・58号・59号・60号は原案認定として9議案は全会一致で、採決の結果賛成されました。

 このあと追加議案として、第61号「尾鷲市副市長の選任について」が上程され提案説明の後、委員会付託がされ本会議は暫時休憩となった。

 休憩中に、昭和45年以来38年ぶりという人事案での付託による総務産業常任委員会(村田幸隆委員長・田中 勲副委員長・神保美也委員・真井紀夫委員・與谷公孝委員・端無徹也委員・濱口文生委員)が開催され、副市長候補者で市内曽根町の元東京都庁職員である佐野茂機氏に対する選任しようとする理由や以前の候補者から変更した理由が委員から問われるなどのやり取りがあり、採決の結果賛成者無しという予想し得なかった事態となった。

 再開された本会議での採決は賛成少数(3人)という結果で不同意となった。
 
 追加議案 第61号が上程される際の議会運営委員会では、これまで国や県、或いは議員や市職のOBと違い言わば一般の市民からの候補者と言うことで議員のほとんどが面識や認識が無く、議案上程後の委員会付託が決められていた。
 そういった流れの中で小生らは、委員会の意向(結果)を尊重することを日頃述べていたことから、一部議員が選任理由について質疑を行なっていたので小生らは傍聴席から固唾をのんで見守っていた。結果は賛成者無しという委員会の未だかつて経験したことの無い重苦しい空気が、本会議でもなだれ的に賛成少数という結果になり尾鷲市副市長選任案は不同意!となったと考えられる。

 人事案の不同意は、平成18年に「監査員の選任」で一度否決されているが、副市長(助役)・収入役・教育長の特別職(常勤)では前代未聞のことである。

 
 いまの小生の立場では、執行部とのやり取りは本会議か委員会くらいしか繋がりがないので、行政運営についてどのような神経の使い方(戦略)をしているのかよく分からないが何故かシックリいってない。
 奥田市長曰く「ナァナァになる」との意味と、「シックリいく」ことは違うのだし、市民が乗る尾鷲丸の向かう先は市民中心な考えで舵を取ることは確かであるが、尾鷲丸を動かすのは市長をはじめとする執行部と議会の両輪で成り立っているだけなのである。だから、ナァナァにならなくても喧嘩腰になる必要もない、是々非々ののちシックリいけばよいのである。
 
 言わば常在戦場、幾ら執行部(市長)と議会(議員)が両輪でも切磋琢磨は必要なのだから、いろんな議論を重ねて前へ進むことはごく普通のセオリーであり、そのことを抜きに市長のみの認識や、市長のみの考え方だけで進むものでもないように思う。また、議会は何が何でも・・・という考え方など孟冬もなく、そこには市長と議会とのやり取りや話し合いが存在して然りなのである。
政治に我は要らない!のだ。

 その他では、請願第5号・陳情第3号・発議第5号/6号とも全会一致で認められた。

上程された議案はここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-25 18:48 | ミキカズの活動日記

生活文教常任委員会が開催されました。

 平成20年度 第3回定例会も残すところ2日となった今日、小生が所属します生活文教常任委員会が開催され、委員会に付託されました議案について審査が行なわれました。

 審査では、民生費の中の児童措置費の障害児保育事業費補助金が19年度769万円に対し、20年度では今定例会の補正予算900万円を加え一般財源のみで2千105万円になっている要に増加傾向にあることから、現代の分散した保育(療育)から一極集中で療育とする考えなど今後の取り組みについて議論をさせていただいた。

 
 また、小中学校耐震整備総合計画策定業務委託料2千249万円について複数の委員の議論が集中(平成20年9月26日付、南海日日に委員会審査の記事が載る)した教育委員会の予算では、結果的には各学校の現況をすべて確認せず、学校ごとの改修方法を示さずに口論だけ行なってきて、時間がギリギリになってから第三者機関に耐震整備の方法を総合計画と称して策定していただくことを言い出してきただけである。
 
 奥田市長や田中教育長が改築或いは補強を含め、各学校の今後のあり方と改修方法を示した整備計画書を策定して示していれば、本来なら、今頃は実施設計の業務委託料が計上されても然りである。今後、小中学校耐震整備総合計画が策定されれば実施設計に進む前に、この改修方法で良いのかとの議論をしなくてはならなくなった。
 
 それに尾鷲小のように実質的には非木造での整備を水面下で考えながら木造校舎の耐震診断を計画している。方向性がしっかりしていれば自ら選択して委託できる調査であるが、一方では、具体的な学校の配置計画を示さず九鬼・三木・三木里小学校の木造校舎の耐震診断を予定していないことや、宮ノ上小学校や輪内中学校は果たして補強のみで可能なのかなどと、これからの5~10年先の児童・生徒数を考えた学校の整備方法となっているのかなどの重要な議論を置き去りにした進め方である。
 
 そんなことや議論すればするほど奥田市長のただ単なる補強での改修構想に矛盾が生じてくることから、議論が3時間近くも延々と続いた。


 
 この学校の耐震化問題に関しては、議員個人の一般質問などを除けばこれまで一度たりとも議会側と議論することもなかったこともあり、議会としても、いま一番の重要な施策課題でもあるとの認識から委員会は午前10時から始まり、会議規則の午後4時を過ぎても会議は続いたのであった。

 また、会議が始まる前には光ヶ丘墓地上段に完成した新墓地を視察しました。

e0111346_2327319.jpg

 この新墓地は、「近畿自動車道紀勢線/尾鷲北インター」取り付け道路による坂場墓地からの移転が必要となり、拡幅工事が進められていたものが完成しました。

e0111346_4294341.jpge0111346_430536.jpg

 200区画(2m×1.5m/区画)で、坂場墓地からの移転箇所が決まり次第、希望される市民の方々からの申し込みを受け付けるとのことである。

e0111346_4325495.jpg

 それにしても、広々としていて市街中心地が臨め、これまでのイメージと違って墓地公園といった感じに仕上がっています。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-24 23:43 | ミキカズの活動日記

我が家の秋の収穫です。 

 秋の収穫・・・、我が家では細君が家庭菜園で野菜作りを行なっていますが、その丹精を込めた野菜の収穫がありました。

e0111346_8321295.jpg

 紫芋とかサツマイモが今朝の作業で収穫されてきました。

e0111346_8334829.jpg どうも今年は、ジャガ芋とかトウモロコシ栽培には予想していたような成果をあまりあげられなかったようですが、それでも自分たちだけでは食べきれないくらいの量ですから・・・、
 そこは、如何せん無農薬栽培を行なう家庭菜園ですからネ。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-24 08:40 | ミキカズの四方山話

『ベークドチーズケーキ』は要冷蔵。

 先祖さんからのおさがりです。

e0111346_8161171.jpg

 ベークドチーズケーキは旨い!が、ほとんど自力で形状を成さないくらいの柔らかさ・・・
 
 自身で食べてみるべきです。ちなみに、兵庫県西宮市にある甲子園のお菓子工房ケーキハウス/ツマガリ(有)ツマガリというところのお菓子です。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-24 08:27 | 今日の「旨いモン!」

お墓参りをしましたか・・・

 秋分は二十四節の一つ。春分と同じでほぼ昼と夜が同じで、この日から寒露までの期間をいう。天文学では、太陽が主文点を通過した瞬間、すなわち太陽の視黄経が180度となった瞬間を秋分と定義。

e0111346_891235.jpg ・・・で、秋分の日「祖先を敬い、故人を偲ぶ日」として、1948年に法律で定められています。
 
この秋分の日を中心としたこの一週間を「秋彼岸」と言い、家族揃ってお墓参りに行ったりして、祖先を供養するのであります。


 そんなんで今日は「彼岸の中日」でもあり、小生も光ヶ丘墓地へお墓参りに行ってきました。
 お坊さんの言うことに、「線香はお参りする自分を清めるために、お水は故人の煩悩を鎮めるために・・・」だそうで、聞くことを忘れまいしたが花は何でしょうね。こんな年中行事と謂われなどを子どもらに伝えていくのが、並の大人の所作であろうと思うのであります。

 既に彼岸花の写真は彼岸入りにUPしていますので、こんな花でも・・・

e0111346_22241662.jpg


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2008-09-23 22:37 | ミキカズの四方山話

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE