<   2009年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 

言葉は踊る・・・

 昨年12月、臨時会において議長に就任以来、引き続き開催された平成20年第4回定例会(12月議会)の緊張感が今年の正月には取れたかと思っていたら、同月、例の「奥田市長の税理士法違反事件」が勃発し、その対応に明け暮れた日々であった。

 そのせいでもないが、平成21年度の計である当初予算を議論する平成21年第1回定例会を終え、同時に、一般会計から拠出金を繰り出す紀北広域連合や紀北広域消防組合の両議会を無事終えたと思ったら、極度の悪寒と下痢などを伴った風邪を引いてしまい土日は一日中布団の中で過ごす羽目となってしまった。そのためかこの2日で体力的影響が出てきたようで低下した体力を取り戻すのに幾日かかかりそうである。

 この長らく緊張感を持たなくてはならなくなった奥田市長の税理士法違反事件は、それまでの奥田尚佳氏が市長として取ってきた言動と相俟って、市民や議会から厳しい指摘となった。そのことが連日マスコミでも取り上げられ議長を務める小生にとって、議会での事件に対する収集に追われるばかりか、マスコミなども含めた対応の毎日であった。奥田市長の行為が市政の混乱を大きく招いたこと所以であることから、奥田市長に対し自らの辞することを促してきたのが現実である。


 特に気を使うのが、議長職と「奥田市長に自ら辞するべき」と辞職を求めた有志議員14人の集まりの座長を務めていることである。一方で全議員を含めた議長として議会運営を行っていて、議会を代表するコメントを求められたときに、一方の座長を兼務していることを結びつけてコメントを要請されることである。有志議員から座長にと要請されたときに、今後生じるであろう、この矛盾を案じて対応の難しさを説明したのだが市政の一大事と務めている。
 しかし、現実として、コメントできる立場は尾鷲市議会議長でしかないのである。ところが有志議員集まりの座長見解をも求められる・・・、そこで答えれば議長見解となってしまう。そんなことから、どうも小生の言葉足らずなのか・・・、紙面などへ載ると、やり取りした話の前後が意図している内容として伝わりぬくいようである。

 例えば、議員の中に、「不信任決議案を提出!」と申す議員がいないなどとは決して発言はしておらず、ただ議会の政治行為として「不信任決議案を提出」などを、その時点で確定していることではない事実から、言ったことは「ない」と答えたに過ぎない。

 議長が誰であれ、想定できることであったとしても確定していもないことに対してコメントは避けるべきであり、それを行なえば闇雲に政局を迷わすだけである。決めた時点で明確に伝える所作を心がける。そのように小生は信条としている。

 日本語も難しいが、質問者の作為していることに沿って答弁者が結果を出さないと、言葉は踊るものなのだなぁ・・・と、あらためて感じた。質問者の意図していることを勘違いして答えたことで、「言葉がひとり歩き」することは聞いたことがあるが・・・、

 これから益々、言葉足らずな人間になっていっても許しを請わなくてはならないことが多くなるかもしれない・・・

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-31 21:30 | ミキカズの四方山話

議会力とは・・・

 現在の地方制度は二元代表制である。議会と執行機関は対等といわれています。執行機関が行なう行政の内容を公的に審査・監視するのは議会ですが、その議会について、議員が多い、報酬が高い、経費を乱費している等の批判が一部の住民やマスコミから出まますが、尾鷲市の場合で決算の98.3%が執行機関の分野で、議会は全体のわずか1.7%です。これには議会事務局職員5人の経費も含まれています。

 毎年3月に総務大臣が閣議に報告する地方財政白書によると、平成18年度版で都道府県と市町村を合計した決算の平成17年度との歳出比較では歳出全体で1.6%減ですが、議会費は6.6%減で行革の優等生とされています。

 議会が行政全般を監視しているからこそ、執行機関は住民のために適正で能率的な行政を行なっているのですが、議会の役割は水面下であるため住民の目に見えにくいと言えます。

 決算全体の1.7%(尾鷲市の場合)で監視力を発揮している議会の役割は、もっと評価されてもよいはずです。仮に議会の力が弱くなった場合、最もホットするのはく首長(市長)であり、執行機関です。

 議員は議会力を誇って・・・

・・・以上が、地方議会活性化研究会の二元代表制における議会評価である。

 確かに、議会の活動は予算などの執行権の行使に比べ見えにくく、水面下の仕事と言われる所以である。そして、執行機関に起こった問題でさえ議会の対応を問われることが多々ある。当然、地方自治に堪能してないことからくる誤認や作為的な伝達により、住民の誤解を招くことが得てしておこる。住民も議員も不幸なことである。

 しかし、確な住民力を持った人はいくらでもいる。そんな人から議会力を誇ってもよい!」と言ってもらえるだけで、十分満足ではないか・・・


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-30 20:04 | ミキカズの四方山話

公立病院の経営を巡って、首長がリコール!

 リコール運動を起こした住民団体は、「『何とかしよう銚子市政』市民の会(茂木薫代表)」で、市民の会は、市立総合病院の充実などを訴えて平成18年に当選した岡野俊昭市長(63才)が病院を休止したことが公約違反だとして、有権者23,405人分の署名(有権者の1/3以上)を集め、2月に市選挙管理委員会に解職請求(リコール)していた。

 千葉県銚子市(71,774人、平成21年3月1日現在)の市立総合病院の診療休止をめぐり、住民らが起こした岡野俊昭市長(63)のリコール(解職請求)の賛否を問う住民投票が29日投開票され、同日午後10時50分現在(開票率95・61%)で、市長の解職に賛成する票が2万724票、解職に反対する票は1万1479票と、賛成票が過半数に達し、岡野市長の失職が決まった。当日有権者数は5万9804人、投票率は56・32%だった。
 なお、このことにより、50日以内に出直し市長選が行われる。

 この問題は、平成20年8月に開会された臨時会で議会の採択を得て、市立総合病院の休止を決めたものであるが、市は平成20年9月10日から11月30日までの間、医療及び病院経営に関して識見のある者や社団法人銚子市医師会長、そして、千葉県の医療部局に所属する職員等により銚子市病院事業あり方検討委員会を設置し、新しい病院に必要な診療科目や病床数、経営形態などを検討しており、その結果を公開して公立民営方式で指定管理者制度として募集し1件の応募があったような流れのようだが、市民の地域医療に対する行政への思いは、論を俟たないようであります。

 今後ますます地方にとっては、県も市も公立病院の経営について、医師の確保や医療人口の減少、或いは国によるの診療報酬あり方が公立病院の経営を左右されるであろうし、尾鷲総合病院においても医師や看護婦といった医療スタッフの充実とともに、事務長他、事務管理スタッフが財務に強くなくてはならないことや、医師とのコミュニケーションや医師を派遣していただいている三重大学医学部との信頼関係を保つことが肝要なのことである。

 勿論、公立病院の経営責任は、今回の千葉県銚子市の住民の多くが動いたように、病院管理者である市長にある。公立病院をどうするかは市長の裁量次第なのである。 

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-30 08:32 | ミキカズの四方山話

向井、弁財天の例祭へ招かれました。

e0111346_15261514.jpg

 向井自治会(吉澤会長)がお世話している弁財天の例祭が、弁財島に祭られている社で行われました。

e0111346_15274188.jpge0111346_152849.jpg

 例祭へは奥田市長や議会の代表として小生、そして中部電力や東邦石油、尾鷲ヤードサービスの各事業所や、熊野古道センターや夢古道おわせの関係者、地元からは南 靖久議員や青年団、老人会のみなさんが出席して盛大に行われました。

e0111346_6595086.jpg

e0111346_1535838.jpg

 弁財島の頂上にある社周りはそんなに広いスペースではありませんが、尾鷲神社加藤宮司の祝詞奏上のあと20数名の参列者が玉串を奉てんし、厳かのうちにも例祭は終わりました。

e0111346_1539518.jpg

 このあと全員が、向井ふれあい会館の直会会場に移動し、暫し語らいののち散会となりました。4年前に招待されたときは天候が悪く神社まで出向くことが無かったので、今回は初めて弁財島まで出向き参拝することが出来ました。吉澤会長が挨拶で「地域のもので尾鷲市の財産としても守り続けて生きたい。」と信仰のみでなく尾鷲市の歴史を史実を後世に伝えていこうと言う意味なんだろうなぁ・・・と思いました。

e0111346_1550280.jpg

 今日はまだ風が冷たかったが、水が温んできたのか弁財島付近にも黒の浜にも潮干狩りに人々が集まっていました。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-29 15:57 | ミキカズの活動日記

市立九鬼中学校の閉校式が行なわれました。

 昭和22年に開校され、創立以来62年間で2,187名の卒業生を送り出してきた市立九鬼中学校が閉校となりました。

e0111346_20311989.jpg

 その閉校式が地域関係者や学校関係者、そして地元選出の二人の県議会議員や小生ら市議会議員が来賓として出席し、九鬼中学校同窓生ら併せて約150人が閉校式典を見守りました。

 田中教育長の開式の言葉から式典が始まり、国歌斉唱や教育委員長の式辞、各挨拶があり、小生も議会を代表して挨拶を述べさせていただきました。
 しかし、行野小学校(昭和41年)、曽根小学校(昭和56年)、早田小学校(昭和62年)に続き、小生が議員となって15年にも満たないものの、須賀利中学校(平成9年)、梶賀小学校(平成10年)、須賀利小学校(平成13年)、古江小学校(平成16年)、北輪内中学校(平成17年)など少子化が進み、地域住民にとっては、「ふるさとの原風景」のような存在でもある学校が閉校となってしまっている。

 小生、議長として北輪内中学校に続き、2度目のお別れの挨拶を述べたことになる。

e0111346_20533133.jpg

e0111346_2163492.jpg

 最後の学校長のあいさつと、最後の卒業生のことばには情感が深く、会場に余韻として残った。

 最後の壇上は、九鬼神楽が務めた。

e0111346_2111152.jpg

e0111346_21114556.jpg

e0111346_2112716.jpg

 九鬼神楽部が九鬼中学校での最後の行事として神楽の舞いを行なった。

e0111346_21141934.jpge0111346_21143927.jpg
e0111346_2115693.jpge0111346_211525100.jpg

 参加していた地域の方々にとっても、いろいろと係わってきた学校での最後の行事でもあった。

e0111346_21201241.jpg

 卒業生のみなさんにとって、惜別の情は格別であろう・・・

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-27 21:26 | ミキカズの活動日記

三重紀北消防組合議会/平成21年第1回定例会が開催されました。

 三重紀北消防組合議会の平成21年第1回定例会が紀北広域連合介護保険センター大会議室で開催されました。

 同議会では、奥田尚佳尾鷲市長が管理者となっていることから、尾鷲市と紀北町と各5名ずつの議員で構成する議会においても尾鷲市議会議長である小生が議長を務めます。

 今定例会に上程されました議案は、平成21年度一般会計予算や平成20年度一般会計補正予算(第3号)の2議決や、条例の一部改正などの5議案と指定金融機関の指定変更などの3議案の計10議案が審議され、議案に付随する関連の質疑が若干ありましたが、採否に関係するほどのものでもなく全議案とも全会一致で賛成されました。

 会議の終了時に、今月末を持って退任される佐々木和夫消防長が挨拶され、平成18年4月から前任者水谷氏の後任として三重県警を辞職して就任以来3ヶ年間勤められ、この間の取り組みや課題などを挙げ、道半ばではあるがやり残した部分については後任者に委ねたいと締めました。

 佐々木和夫消防長には、日夜、市町住民の生命と財産を守るべく消防行政にご尽力賜りましたことを、紀北消防組合議会を代表して、敬意と感謝を申し上げた次第であります。退任後もお身体に気をつけて第2の人生を歩んでいただきたいと思います。

 なお、後任には現次長の山口浅明氏が、再任用で4月1日から就任することになっています。

 三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
 全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-27 20:18 | ミキカズの活動日記

紀北広域連合議会/平成21年第1回定例会が開催されました。

 紀北町と当市で組織します紀北広域連合議会の第1回定例会が、紀北町にある庁舎で開催されました。各市町議会から6人の議員が選出され紀北広域連合議会の定員は12人となっています。

 当初は、尾鷲市が連合長や議長を務めていましたが、現在は紀北町の奥山始郎紀北町長が連合長を務め、川端龍雄紀北町議会議長が連合議会議を務めます。

 平成12年4月にスタートした介護保険制度もすでに9年の月日が経過していますが、平成18年には大幅な介護保険法の改正があり、「予防重視型システムへの転換」が進められとともに、地域密着型サービスなど新たなサービス体系の導入などが行なわれてきた。

 こうした制度改正に伴い、第3期介護保険事業計画(平成18年度~平成20年度)を作成し、地域包括支援センターを創出し、総合的な介護予防システムの確立を図るため、当市と紀北町が連携し各種事業や施策が展開されてきた。

 しかしながら、紀北広域連合管内においては、国を上回るペースで少子高齢化が進行しており、65歳以上の割合(高齢化率)は、本年度では33.7%とほぼ3人に1人が高齢者である。

 こうした状況をふまえ、平成21年度から23年度までとした第4期介護保険事業計画が策定され、平成21年度一般会計予算には、介護従事者処遇改善臨時特例交付金を段階的な介護保険料の上昇ではなく3ヵ年平均で介護保険料を軽減するための財源として充当した保険料が計上された。

 また、知的障害者授産施設事業では向井分場の現分場長が退任することから、21年度の体制について質問したところ、分場長については内部昇格が行なわれるようであるが、指導員等については20年度と同じ全体で6名体制のことが報告された。

 定例会は、紀北広域連合が所管する介護保険事業・知的障害者授産施設事業・知的障害者授産施設サービス事業に係る条例を改正する議案8件と、一般会計予算・特別会計予算などの議案8件が上程され、すべて認定すべきものとして採択された。

 それにしても、こういった事業の費用が膨らみつつあるようです。地方自治体の規模に比べ社会福祉制度の運営規模が上回るようなところまで来ているし、反比例しなくてならない個人負担も重くなってきているようだ。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif

介護保険料の推移は、ここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-26 20:12 | ミキカズの活動日記

地域商品券発行に関する助成を求める陳情。

 「地域商品券発行に関する助成を求める陳情」については、3月23日に尾鷲商工会議所(土井八郎兵衛会頭)と尾鷲観光物産協会(真井靖文会長)と尾鷲市商店連合会(北裏裕通会長代行)から受けた陳情です。

 主たる内容は、「定額給付金を個人消費、特に、地元経済の活性化につなげるため、地域内での消費に限定したプレミアム付き商品券を発行したい。」趣旨から、地域商品券発行総額1億円に対するプレミアム分(10%)に当たる1千万円と、地域商品券発行に関する印刷費用や取り扱い費用など300万円を助成願いたいとの陳情です。

 付託された総務産業常任委員会へ説明員として出席した3団体の話では、扱い業者はこれらの団体の会員以外からも募集し、5月から6ヶ月間の事業としたい。また、地域商品券の購入上限額や大型店の扱い、或いは商品券の交換などの諸問題については、上記3団体に尾鷲市と尾鷲市金融協会と加えて詳細を決めて行きたいとのことであった。

 財政が逼迫している当市にあっては、些かの出費であっても大変な時期であるが、当市に支給される定額給付金給付事業は、給付金として人口21,795人に対して3億4834万円と事務費1844万円が交付され、既に昨日、議会で承認されましたので、いよいよ事業が実施されます。
 総人口21,195人中、18歳未満が3,145人、65歳以上が7,462名なので、人口の50%が2万円給付される見込みです。

 そのうちの1億円を確実に市内の様々な流通に使っていただき、元気になっていただこうとするのがこのプレミアム地域商品券発行事業です。確かに市の財政を考えないことはありませんが、当年度の予算を見ても小さな商店などの景気浮揚策など盛り込んでなどいませんことから、この国の定額給付金の支給方法が個人消費へと決まった以上は、これを何とか地元の経済の活性化策として活かすのも施策ではないでしょうか。

 同じく同委員会へ出席した奥田尚佳市長は、この事業に関して新産業創造課に対し、前向きな方向性を示唆していることを答弁しているが、冷え切った地元経済に幾つかでも明かりを点けていただきたいと思う。

 また、31日に開催される全員協議会で報告する予定ですが、尾鷲市PTA連合会(堀内会長)からは小中学校の耐震化のための基金(寄付行為)が設立されるようで、これらの推進のための議会への協力もいただいていることを紹介することにしています。

 およそ3億5千万円が商品券を利用する方、寄付をされる方、その他の用途に利用される方など、いろいろな形で支給を受けた個人とともに尾鷲市の元気の元になればと願う次第であります。

 三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
 全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-26 08:20 | ミキカズの四方山話

奥田尚佳市長に対する問責決議。

 尾鷲市議会/平成21年第1回定例会最終日となり、提出された26議案及び陳情1件が総て採択されたあと、南 靖久議員を提出者として、高村泰徳議員を除く、神保美也議員・内山鉄芳議員・三鬼孝之議員・田中 勲議員・真井紀夫議員・與谷公孝議員・端無徹也議員・濵中佳芳子議員・北村道生議員・村田幸隆議員・濱口文生議員・中垣克朗議員が賛成者となって、奥田尚佳市長に対して問責決議が発議されました。

 提案理由を述べるために登壇した南 靖久議員は、この発議をすることに至ったこれまでの経過を縷々述べていましたが、このことはこれまでの議論の中ででてきたことがすべてでしたが、尾鷲市政始まって以来、首長が刑事事件の有罪者となったことや市政を混乱させたことなどから、議会において市長が政治的、社会的、同義的責任を激しく問い、この問責決議そのものも尾鷲市議会で初めてのことであり、公式な議事録に不名誉な記録が永久に残ってしまうこととなりました。

 今日の経緯が辞職勧告議決や不信任議決と比べるとかではなく、問題によりけりだと言えますが、全国のどこの議会の例にもみられるように問責議決が結論ではなく、この緊張感は今後も続くものと想定されます。

 引き金となった税理士法違反問題が市政上の問題でなかったこともあり、確かに奥田尚佳市長の法を犯したこととともに言動による「市長としての資質や品格」を問う形となった。

 議員個々のそれぞれの言葉は全員協議会やプライベートにおいて、それぞれが自身の責任において発言されているのだろうが、議会としては法的拘束力はないものの、初めて議会の権能の中にある「問責決議」を発議し議決した。

 
 この問責決議には小生も含めた議員14人の意思の結束があると確信する。しかしながら、過日の非公開の会合の話題があからさまになったことに不快さを訴える者がでてきたことも事実である。小生、不始末の責任を負うことは立場上仕方が無いとはいえ、明日のことを考えれば、士気が下ってしまう行為は慎んでいただきたいものである。

・・・とは言え、高村泰徳議員を除く議員全員から問責決議が議決されたと言うことは、奥田尚佳市長にとって市政推進にあたり、議会運営において、少なからずとも過半数を制することに全精力を費やさなければならないことを今後も避けられない事実である。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif

問責決議文は、ここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-25 23:58 | ミキカズの活動日記

平成21年度尾鷲市一般会計予算が修正されました!

 尾鷲市議会/平成21年第1回定例会が3月2日(月)に開会され、提案された議案に対する質疑や、一般質問が行われ、2つの常任委員会と特別委員会の審査などが終了し、本日、閉会日を迎えました。

 本会議場において午前10時から会議が始まり、急遽、追加日程で23日(月)に受理した尾鷲商工会議所他2団体から提出された、陳情第 5号「地域商品券発行に関する助成を求める陳情」が会議日程に追加され、暫時休憩の間に付託された総務産業常任委員会で審査され全会一致で採択された。

 そして本会議が再開され、本定例会に上程された議案第 1号から議案第27号までの計26議案(議案第25号は人事案件なので、既に採択されている。)について、それぞれ委員長が委員会結果を報告し採否がとられることとなったが、議案第 1号「平成21年度尾鷲市一般会計予算の議決について」は、付託された総務産業常任委員会で否決されていることから、議案第 1号「平成21年度尾鷲市一般会計予算の議決について」全ての否決を望まない議員(村田幸隆議員・田中 勲議員・濱口文生議員・南 靖久議員)から、修正動議が出され「平成21年度尾鷲市一般会計予算」の第2款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費の8節報償費24万1千円(裁判費用)について減額修正案が提案説明された。その採否の結果は、減額修正案を提出した4議員に内山鉄芳議員、三鬼孝之議員、真井紀夫議員、與谷公孝議員、端無徹也議員が加わり賛成された。

 そのことから、議案第 1号「平成21年度尾鷲市一般会計予算の議決について」は、原案から減額修正された24万1千円(歳入は基金繰入金、歳出は総務管理費(報償費))を除いた原案(一般会計予算の歳入歳出予算の総額が、歳入歳出それぞれ78億6千万円から78億5,975万9千円となる。)が採決され、修正案に賛成した9人に濵中佳芳子議員が加わり賛成多数で可決された。

 結果として、当初予算に賛成しなかったのは、神保美也議員、高村泰徳議員、中垣克朗議員と後期高齢者医療事業関連で北村道生議員を併せて4人だった。

 それ以外の議案については、一般会計補正予算及び後期高齢者医療事業特別会計で北村道生議員が反対したものの全議案とも採択された。

 三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
 全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif


平成21年第1回定例会の提出議案は、ここから・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-03-25 22:31 | ミキカズの活動日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE