<   2009年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

尾鷲市議会議員選挙

 今日の午前10時より尾鷲市選挙管理委員会(松永洋一委員長)が開催され、昨日解散された尾鷲市議会の議員選挙の日程(予定)が決定されたと報道されていました。

 その内容は、告示日5月24日(日)から1週間、そして投票日が5月31日(日)とのことです。

 尾鷲市政において、首長問題では昭和24年(1949年)に「尾鷲中学校建設遅延と上京による不在がち」な岩城尾鷲町長に対するリコールが起こり、住民投票が行われ、解職賛成票約45%で解職請求が退かれている。また、昭和45年(1970)「尾鷲三田火力増設反対連合会」は議会活動とも共闘して市長リコールをすることも辞さぬと声明し、翌46年(1971年)2月、岩城市長リコール運動をを行うことを発表したが火力3・4号機増設を見送ることを表明したことから、同年3月に岩城市長のリコールを取り下げた歴史がある。

 しかし、奥田市長に対する問責決議、不信任議決は尾鷲市史初めてのことで、理不尽にも議会を解散した初めての市長としても名を刻むこととなった。

 その解散した議会を復活させるための市議会議員選挙の日程(予定)が決まったのである。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-29 22:15 | ミキカズの四方山話

奥田尚佳市長、尾鷲市議会を解散する。

 午前中は熊野尾鷲道路の亥谷山トンネル工区の工事安全祈願祭がおこなわれ、小生も議長として今期最後の仕事であろうと心して出席させていただき、工事の安全と関係者のご健勝、そして東紀州の発展を祈願した。

 午後からは、奥田市長からの面談が予定されていたので議長室で待機する形となったが、議長室に入りきれないほどのマスメディアの記者やカメラマンが押し寄せてきた。

 当初は、この面談の意味することは「議会解散」と「自らの進退」の2通りが考えられることから、最初はカメラ撮りのために会談前に2~3分ほど公開を要求されていたので、奥田市長が午後1時30分に入室したときにはセレモニー感があった。その後、二人のみの非公開の面談が直ちに「議会解散」のみであったことから、再度マスメディアの関係者に入室していただくなど慌ただしいなかで、奥田尚佳市長から「地方自治法第178条第1項後段の規定により、議会を解散する」と通知を受けた。

 小生は奥田市長に対して、「議会の解散を厳粛に受け止めます」と言葉を返した。1月に奥田市長が税理士業の兼業違反で書類送検されて以来、「自ら辞して市民に信を問うていただきたい」と言いつづけてきたが、自らを省みず理のない議会解散は残念です。我々議員も混乱した市政を取り戻すために、所在が市民のためにある市政を再確立するために、改めて市民に訴える市議選を余儀なくすることになった。

 この流れは、議会が不信任決議をして、市長が議会解散をしたことから、奥田市長より先に我々が市民に信を問う形となってしまった。我々は粛々と市議選に臨むのみである。

 奥田市長はこの後、予定していた記者会見を行なわず、ハンドマイクを持って市役所玄関前で何かを語って(叫んで)いると連絡を貰い、階下へ降りていったが内容はよく理解できなかった。早々と帰ろうとしたが、集まっていた市民の方から「議長あれを止めてくれ!」と言われたが、時すでに失職した身だったので・・・

 それにしても、鹿児島県阿久根市、愛知県西尾市、そして三重県尾鷲市が理のない議会解散をした首長の自治体として、完全に同じ並びで議論されることとなってしまった。
 また最近は、玄関前の演説、議員定数削減アピール作戦、或いは泣いて見せる等など、各地の首長がイメージ戦略にいろいろと取り入れているようである。

 尾鷲市史の中に、地方自治における不名誉な事例を重ねつつあることは大きな事実です。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif

市役所玄関前の演説に対する地元新聞に載った記事へのコメント!
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-28 17:20 | ミキカズの活動日記

奥田尚佳市長から面談の申し入れ!

 今日の午前中は、熊野尾鷲道路の三木里インターから賀田町(熊野市側)に向かう亥谷山トンネルの工事安全祈願祭へ、真井紀夫総務産業常任委員長とともに出席することになっている。もちろん奥田尚佳市長も出席する。

 昨日の午後のことであるが、三木総務課長から「奥田尚佳市長が明日(28日)午後1時30分に議長との面談を申し入れさせていただきたいと言っている」ことを伝えてきた。具体的な内容の提示は無かったが返事をした。

 そして、その会談後に尾鷲市記者クラブとの会見を予定していることが明確となっている。

 議会が奥田尚佳尾鷲市長不信任決議を行なった翌日(21日)に議決書を渡してから、10日間(5月1日まで)で結論を出さなければならないことから後3日間を残して市長自身が何らかの考えを示すものと考えられる。

 小生は、「税理士業兼業違反」が判明して以来、奥田尚佳市長に対し「自ら辞して、市民に信を問うてほしい!」と一貫して訴えてきましたが、任意での辞職勧告から、議会における問責決議、不信任決議へと法的な結果を出さざるを得ない結果となったことは周知の事実です。

 そう言ったことから、今日の面談では、奥田市長がこれまで示唆し続けてきた「議会解散」か「自らの辞職、或いは失職」が話し合いの軸となることは必至である。

 考えられることは、①「議会解散」を宣言し、40日以内に市議選を行なわせ、その後に再不信任議決、市長選(50日以内)を行なう。この場合政治空白が2ヶ月以上生じ費用が4千万円近い②「議会解散」を宣言し、自らも辞職する。この場合、同時選挙を行なうことが可能で費用が1千万円くらい節約できる。③「議会解散」せず、自ら辞するか失職し市長選のみを行なう。この場合、市長の任期は10日以内での辞職は残任期間(約3年)となり、失職の場合は新たに4年間となる。費用としては1千3百万円くらいで済むし、議会が存在しているので市政の推進がスムーズである。
 この権利は地方自治法が市長職のみに与えているもので、市議選であれ市長選であれ、終局的にはリコール(解職請求)と同じように有権者が決めることになる。

 市政の混乱に対し、多くの市民から議会に対して「不信任決議」という、言わば「議会における伝家の宝刀」を抜くことが望まれ、ここまできたが、結局は選挙という有権者の後ろ盾なくして最終的に決するものでない。 議員の中にも「市長不信任」という言葉と制度のはざ間で苦悩の日々があり、当初予算の承認、プレミアム振興券の承認などの政治日程をこなしたうえで出した結論なので、奥田市長のどのような示唆に対しても冷静に受け止め、粛々と次の判断をすることになろう。

 「市民目線の市政」を唱えてきた小生は、議会での判断と市民の判断が同じかどうか?も気になることや、政治空白や選挙費用についても市民の考えはどうなのか、そして初志貫徹的な考えの強い小生から言えば、奥田尚佳市長に対しては、尾鷲市長としての潔さを一貫して望むことから「自らの信任を市民に問うていただきたい」ことを願っている。

 しかし、その選択肢は市長のみが結論するものであり、審判は市民(有権者)が決するものである。一部の熱狂的な奥田市長の支持者からは強硬な考えや言葉があることは否定しないが、市政は個人のものではないことから、圧倒的に「いい加減にして尾鷲市政の混乱から脱すべき」と多くの市民が憂いている声が聞こえてくる。

 「何故、議会解散なのか」という多くの市民が首を傾げているのも想定どおりの結果なのか、それとも・・・、

 一番には、不特定多数の市民を納得させる答えが市政安定への一歩となるように思う。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-28 07:51 | ミキカズの四方山話

風を読む・・・って、

 今朝から強風の尾鷲だった。この時期に、発達した2つの低気圧のせいで強い風がお昼近くまで続いた。そのせいで、外へ出たくなくなり家でごろごろしていたが、午後は、ちょっと可愛い人に会い、その後、これまたちょっと気に入っている人とお茶を飲むことにした。

 ちょっと可愛い人とは短い会話をし笑顔を貰って来た。そして、ちょっと気に入ってる人とは、長話となった。やはり尾鷲市政の現状、特に奥田市長の動向について、いろいろな方面から質問されることが多い。そこで、奥田市長は「風が読めているのか?」となった。
 市政そのものも、直接その現場にいるものと外部から見ている市民との間に、解釈について随分と乖離しているものがあると感じるが、議員同士でもスタンスが違うようなのに、議長の立場上、ほぼ地方自治のマニュアルを忠実に意識して語ろうとする小生と、社会性から聞こうとするマスメディアの人との間でも、かなりの隔たりがあるときが多々ある。

 だから、今は自分のことを考える時間が多いだろうと思われる奥田市長は、市民に対して、議会に対して、マスメディアに対して同じ考えで対応することは至難の業であろうと思える。小生は、自分のことで問われていることが少ないことから、冷静に今の「風を読む・・・」ことが多少なりとも自負できるが、今の奥田市長は全方向的に物事を思考することより、自分の画策が可能かどうかと考えることに集中してしまうであろう。そんな状態で市民本位の「風を読む・・・」ことは、どうなのであろう。

 ちょっと気に入っている人と、「風を読む・・・」ことについて、いろいろと話したが、「風を読む・・・」ことは自分自身のことではなく、相手が、周りが、そして社会全般がどうなっているのか、そして、どのように望んでいるのか・・・を理解することではないだろうかと結論に達した。

 今の奥田市長には、市民の考えや気持ちをいくらかでも察することが、「風を読む・・・」ことなのかも知れない。

e0111346_22554124.jpg

e0111346_22561047.jpg


小生の「ちょっと」とは、数量などでいう「多少や軽重、あるいは大小など」を表しているものではありません。

 三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
 全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-26 23:04 | ミキカズの四方山話

小中学校施設の耐震化基本計画(案)が策定される。

 教育委員会から見直しがされた「平成21年度~25年度義務教育施設耐震化基本計画(案)」が、21年度第1回教育委員会に提示し、委員の同意を得て、同資料が議会と言うより議員にも参考資料として配布された。

 「議会の解散があるのか否か」と「市長が変わるのか否か」により、今後の議会における審議日程が明確でないことと、平成19年度以降の適正規模適正配置の検討がされたいないことなど、この基本計画から(案)を外すには今しばらく時間がかかる。

基本計画(案)は、

 平成21年度については、尾鷲中学校の第1校舎の解体で平成21年度・22年度で向井小学校の管理教室の補強が整備計画となっている。

 平成22年度・23年度は尾鷲小学校の木造校舎2棟の取り壊し、給食室棟の補強と一部改造、普通教室・特別教室棟の補強及び一部改造、尾鷲幼稚園舎の補強。

 平成23年度は輪内中学校の改築工事及び補強工事で、管理普通特別教室棟の改築、特別教室棟の補強。

 平成24年度・25年度では、宮之上小学校の管理教室2棟の補強、特別教室棟補強、体育館の改築。

・・・が「平成21年度~25年度義務教育施設耐震化基本計画(案)」として公表された。同時に総事業費14億6千827万円で、内訳は国補助金2億2千660万円、地方債(借入金)8億1千310万円、一般財源4億2千857万円となっている。また、地方債のうち2億4千388万円が交付税に算入(簡単に言えば、国から補填され、一度は支払うけれど後で戻ってくると解釈が出来ます)されます。


 17日に開催された第1回臨時会開会のための議会運営委員会のあとの全員協議会のその他の質問で、4月中に議会へ提示されることを奥田市長と田中稔昭教育長が答弁されたが、20日の臨時会において「奥田市長に対する不信任決議が可決されたことに伴い、議会の有無(議会の解散)と市長交代の可能性も想定できることから、議長として相談を受けた小生は、「あくまで基本計画として扱い、市政の不安定な時期を過ぎてから速やかに審議に入る」で調整をした。
 しかしながら、尾鷲中学校と向井小学校の整備に対する問題で、議会の有無に時間的な問題が生じたときには、執行機関において検討に入ること自体は吝かでないだろうと伝えた。


 奥田市長の「税理士法の兼業違反」という個人的な問題から端を発した市政の混乱は、議会における不信任決議の可決という政治判断が下された。あとは、地方自治法で市長に与えられた権限である「議会の解散」を行使するのか、それとも「自分自身の信任」を問うだけとするのかは奥田市長が決めることであり、そのこと自体に市民の評価がついてくるであろう・・・。
 どちらにしても政治空白は否めないが、いま、尾鷲市民は自分たちの市長たる人物に潔さを求めているように、まちの会話が聞こえてくる。

e0111346_19364452.jpg


 風をよむ・・・と言うことは大事なことだろう。

三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-25 19:39 | ミキカズの活動日記

古江アクアステーションで「海洋深層水を使った和菓子作り」

 午前中は天候が悪く、少し肌寒いくらいの尾鷲でしたが、古江町にあるアクアステーションでの「海洋深層水を使った和菓子作り体験が行われました。

e0111346_1522895.jpg

 和菓子作りには、紀北町から参加の親子連れなどが楽しんでいました。

e0111346_1553528.jpg

e0111346_1563435.jpg

 例によって、小生も桜の花が入ったお茶とともにいただきました。もちろん、旨いモン!でした。

e0111346_1585754.jpg

e0111346_15103976.jpg

 アクアサポート古江のみなさんなど、顔なじみの方ばかりでしたが、いつも元気なおばやんばかりです。



三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-25 15:14 | ミキカズの活動日記

金曜日ですが、何故か木曜会です。

 金曜日ですが、都合で尾鷲商工会議所/木曜会が開催されました。今日のテーマは、㈱おわせ木楽屋/代表取締役 福西賢一郎さんを講師に、「木の家に住みたい人、80%の理由は」として、尾鷲ひのきや杉などの無垢の良さとか、長持ちさせる方法などを説明したあと、エコや人間との調和(アレルギーなど)の関係などを話し、在来工法による木の家の良さを具体的に証明してくれました。
 小生の家は、どちらかと言えば「そんな家」なので、あらためて木の家でよかったと思ったことと改築時に気をつけるところをチェック出来たような感じでした。

 やはり、会合などは出席していると何かと得るものがありますが、前回の議長職の時も1年間で半分くらいしか出席していなかったくらい、産婦人科医師問題などで多忙極めました。どうも小生の星回りは山の頂を下り谷底のときに、議会であれ、イベントであれ、様々な会の代表職の大役が回ってくるようです。

 人生において、修行させていただいていると感謝し、誠実に務めることが、あとに歴史を作ってくれることだと何事も気を抜かずやっていこうと思います。

 尾鷲商工会議所の前にある念仏寺の境内の藤の匂いに誘われて、スケッチと言うことで・・・

e0111346_19514622.jpg

e0111346_1952205.jpg


 遠方に見えるのは、天狗倉山です。

e0111346_19533643.jpg

e0111346_19541059.jpg

 躑躅も満開です。

e0111346_19544510.jpg

e0111346_1955653.jpg


 あとがき・・・

 奥田市長に不信任決議書を提出してから4日が経ちました。この先、奥田市長が議会を解散させるのか、それとも自ら辞して出直し選挙を望むのか、小生が答えられるのものではありませんが、毎日議会へ出かけています。
 議長室を留守にするわけにもいかず、かといって何も計画は立てられず、訪ねてくる議員との情報交換や、「議会が解散された」場合の政治空白に備え、小中学校の耐震問題など施策推進のための対応策について、それぞれ担当課の相談を、地方自治法の範囲で解釈できる取り組みを協議したりしているような日課が続いています。

 今回は、特別採決で不信任決議がとられましたので、議長と言えども議決に賛成した身ですから奥田市長の決断を粛々と待っているのが現状です。
 奥田市長に対する議会の決議に対して、市長を続ける気でいる限り、市民のみなさんに信を問うていただくことは避けて通れず、市長選(市長候補対市長候補の図式が想定される)は勿論のこと、市議選(奥田市長対市議候補の図式が想定される)にしても、結局は「奥田市長を信任するか、否か」のみの奥田市長との完全な対峙選挙となって行くことは避けられず、議会が行なう「不信任議決」は、リコール(解職請求)と同じく、終局は市民の皆さんが決めるシステムへとなっています。

 ですから、市民のみなさんが判断し易く、政治空白期間、或いは選挙費用など一番納得のいく方法で結論を出していただくことを考えるのが肝要だと思われます。当たり前のことですが、これから、住民を中心とした市政として、やり直す時ですから・・・


三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-24 20:26 | ミキカズの活動日記

チビッコ大集合 in アクアステーション

 昨日の午後、久しぶりに古江町にある海洋深層水の取水基地であるアクアステーションへ寄ったところ、こどもの日の行事である「チビッコ大集合」(市のホームページで紹介されている)の話題を聞いたので紹介を・・・。

e0111346_8591215.jpg

e0111346_8594037.jpg

 この行事も恒例の行事としてたくさんの親子連れが楽しんでいるようである。

  チビッコ大集合
                         in  アクアステーション

【 日 時】 平成21年5月5日() 午前10時~   (雨天決行)

【場 所】 アクアステーション (尾鷲市古江町)

【イベント内容】
      ◆海洋深層水のタッチプールで水遊び体験
      ◆ヨーヨーつり・輪投げなどの遊び体験
      ◆いろいろなグッズが当たるくじ引き(子ども対象)
      ◆尾鷲海上保安部 巡視艇「みえかぜ」船内見学、救命胴衣・
        制服試着コーナー、キャラクター「うみまる」君 来場 他 
      ◆魚ご飯・ぜんざい・かき氷などの振る舞い(無くなりしだい終了) 
      ◆えごまもち・サンマの姿寿司などの販売

      ◆アクアステーション中庭タッチプールでの水遊び
            (海洋深層水原水かけ流し)
  
【振る舞い】 午前11時~ ※数に限りがあるため、なくなり次第終了

      ◆魚ご飯、豚汁、ぜんざい、かき氷(すべて海洋深層水淡水使用)

      ◆わた菓子

※ 小学生以下にグッズが当たるくじ引き、尾鷲ヒノキで作った記念品プレゼント

※ えごまもち、サンマの姿寿司などの販売

【主 催】 アクアサポート古江

【共 催】 古江町青少年育成部・古江町若い風の会

       アクアステーション(指定管理者:尾鷲商工会議所)

【協 力】 尾鷲海上保安部

 三重情報(尾鷲発のブログもたくさんあります)は、ここから・・・056.gif
 全国市町村議会議員の活動報告は、ここから・・・029.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-24 09:07 | ミキカズの回覧板

祝 100,000人です!

  100,000人です!ご訪問ありがとうございます。

e0111346_2020863.jpg

 これからも、尾鷲の話題や行事など、出来るだけ「イイコト」を綴りたいと思います。そして花物語りや人生物語りにもふれたいなぁ・・・と考えています。

 議員としての活動報告や考え方などは、議長就任中は結果のみの方向ですが、そうでない時は思いっきりミキカズスタイルで通したいと思います。

 これからも、よろしくお願い申し上げます。
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-22 20:26 | ミキカズの四方山話

もう直ぐ、訪問者が100,000人突破!

 堅苦しい記事の中でも、イベントであるとか花であるとか、はたまた孫のことで気を紛らわせたり、或いは、市政に関心を持っていただくためにバラエティーな構成のブログを発信しています。

 2007年1月10日にスタートして以来、今日か明日には100,000人目のご訪問者を迎えるようであります。その瞬間を見れるかどうか分からないので、いささかそそっかしいように思われますが、その時をみんなで祝い合いたいと思います。

 そして、日ごろご訪問くださり感心してくれたり、ご指摘くださる読者の皆さんにお礼申し上げます。

 ありがとうございます・・・
[PR]

  by mikikazu82 | 2009-04-22 08:55 | ミキカズの四方山話

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE