タグ:ヤーヤ祭 ( 2 ) タグの人気記事

 

紀州の奇祭『ヤーヤ祭』が近づいてきた・・・

 紀州の奇祭といわれる尾鷲神社祭礼、ヤーヤ祭が近づいてきました。

 最終的な打ち合わせとして、今夜、尾鷲神社参集殿において氏子総代会が開催され、祷務町を含む20町が集まりました。また、中高生も参加することから尾鷲警察署・尾鷲少年センター・尾鷲中学校・尾鷲高等学校の関係者を交え要望や決め事等について意見交換を行ない、ヤーヤ祭についての最終的な確認を行ないました。
 ヤーヤの練りへ参加する中学生は黄色い襷、高校生は青い襷をかける事になっており、学校関係者は特に生徒の飲酒や喫煙について留意していただきたいと要望を、そして警察は喧嘩の防止などについて各町へ注意をと要請された次第です。

e0111346_212558100.jpg


 今年度の祷務町は、1番天満町、2番野地町、3番南町です。1月9日(日)に3祷務町において当屋開きが行なわれており、2月1日(火)午前0時より扉開きをし、午前10時から由緒祭、そして午後7時より在周りが行なわれます。
 在周り時には1番祷天満町には、向井町(祷受町)・大曽根町・矢濱町・高町・堀町・今町・新田町が、2番祷野地町には、知古町(祷受町)・新川原町・新町・坂場町・北町が、3番祷南町には、林町(祷受町)・北浦町・野地新町・川原町・中井町がそれぞれ手伝いとして付きます。

 2日(水)から4日(金)までは、午後7時30分からヤーヤの練りがおこなわれます。
 ヤーヤの練りは、林町・坂場町・野地新町・堀町・川原町・新川原町のグループは、初日1番祷天満町へ、2日目2番祷野地町へ、3日目は3番祷南町へ行き、向井町・新田町・今町・北町・大曽根町のグループは初日2番祷野地町へ、2日目3番祷南町へ、3日目1番祷天満町へ行き、知古町・高町・矢濱町・北浦町・新町・中井町のグループは、初日3番等南町へ行き、2日目1番祷天満町へ、3日目2番祷野地町へ行きます。練り終了後は魚市場へいき垢離を掻き、宮上りをし参拝します。

 昨年の練りの模様は、ここから・・・
 
 5日(土)は、午前9時30分から例大祭、正午から大名行列と道中手踊りです。夜になると午後6時に大弓の儀のための垢離を掻き、7時より弓射の儀式が始まります。その後、午後8時40分ごろにお獅子の出御、引き続き祷渡しの儀、祷送りで総てが終わります。

 尾鷲では、このヤーヤ祭が終わると春が来るといわれるくらい、寒い時期の祭りです。元々旧暦では正月の時期になりますが・・・

 この寒い中、神社境内では、すでに弓射いの練習がはじまっています。小学校高学年から中学生くらいの子らがこの役をしますが、かれらも祷人・潮撫でとともにショードと呼ばれる重要な役目を負います。

e0111346_22185561.jpg

 この指導は、北浦町の児玉晃典氏がおこなっています。


Photo:Panasonic DMC-LX3

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
 励みになりますので、ランキングのところをポチッと応援038.gifお願いします。


『にほんブログ村』人気ランキングに参加中 
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2011-01-13 22:24 | 祭り・イベント・観光

『宝来栄(ほいらんえー)復活』が地域活性化情報誌「地域づくり」に掲載されました。

 新町の宝来栄(ほいらんえー)復活が、財団法人地域活性化センター発行の「明日をひらく地域活性化のための情報誌 地域づくり」の「祭り文化の再生と地域活性化」特集に、「祭りを地域政策として考える」一例として掲載されました。

e0111346_16353374.jpg

 寄稿については、まちづくりプロデュースセンターを通じ依頼を受け、まちを活性させるという意味では議員という立場もそうであるが、尾鷲神社氏子(町)総代としての意も強く出ているもので、ヤーヤ祭の紹介と共に新町における「38年ぶりの宝来栄(ほいらんえー)の復活劇」を組み込んでいます。トータル的には地域活性化がテーマとなっています。

e0111346_16481311.jpg

 この「祭り文化の再生と地域活性化」特集にはテーマがあり、それはでした。このという言葉の意味には、やはり都会から見れば、少子高齢化、そして過疎化が進む地方にあっては身内のような比較的近い者同士の醜い争いは地方の衰退に余計に拍車をかけることを言い表しているのだろうとつくづく思いました。だからこそ、ふるさとの原風景である「祭り文化」を取り上げ、邪念を捨てみんなが一つに纏まろう!そうしないと地方の明日など無いも同然だといいたいような依頼主の狙いが原稿を書いていて感じました。


 政治の場においても、現状の尾鷲を考えれば市長が誰であれ議員が誰であれ、醜い権力争いや重箱の隅を突くような事ばかりやっていれば、全体が衰退し、やがて町の経済も疲弊していくであろう。昨日市内でも有数の規模の会社が倒産した。その影響も現れてくるかもしれない・・・、また、高速道路が完成したら公共事業など何処にあるのだろう。それぞれがこれからのまちづくりを・・・、今、議員として何をすべきかを考え無いで軽率な言動は、やがて市民へツケを回すことになる。ちっぽけな器の中ばかり見ていても何も始まらない。

 この雑誌が言い表そうとしていることは、足の引っ張り合いではなく田舎の祭りのような総てが一つになって御輿を担ぐ集合体こそが、地域活性策の真髄であることを今一度考え直すように促してくれている気がする。


『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-07-01 17:16 | 地域コミュニティー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE