八幡峠を行く(その1)

 紅葉が気になっていたので、坂場町から国道425号を奈良県方面へ・・・、八幡峠である。道すがら高速道路尾鷲北インターの整備状況や、国道425号にある当市のごみ焼却場やそのパッカー車等の運搬業務についても側面から見ることもできることもあり・・・

 クチスボダムを越えると道路沿いには紅葉が目に入ってくる。

e0111346_16571321.jpg

 その1では、八幡峠までのウオッチング・・・

e0111346_172019.jpg

e0111346_170275.jpg

e0111346_1724699.jpg

 この奥へと・・・

e0111346_178943.jpg

e0111346_1783238.jpg

e0111346_1785743.jpg

 時々、車を止めて谷川を見る。

e0111346_17104392.jpg

e0111346_17111959.jpg

e0111346_1712867.jpg

e0111346_17151639.jpg

 写真を撮っていると、やはり紅葉見物がてら奈良県の温泉へ出かけるグループと声を交わす。

e0111346_17161487.jpg

e0111346_17343883.jpg

e0111346_17353177.jpg

e0111346_1736571.jpg

 峠までなかなか辿り着かない・・・

e0111346_17384372.jpg

e0111346_17391578.jpg

e0111346_17394557.jpg

 やっと、八幡峠のトンネル入口へ

e0111346_17412252.jpg

e0111346_17414483.jpg

e0111346_17421083.jpg

 そして八幡トンネルをぬけると小さな八幡橋がある。

 最近、ソニーの高速オートフォーカスと最高約10コマ/秒連写を実現した、世界初透過ミラー搭載スピード一眼とのフレーズのデジタル一眼カメラα55とVario-Sonnar/16-80mm(35mm判で24-120mm相当)F3.5-4.5ZA(カール ツァイスレンズ)を購入。デジタル一眼はα350から2台目となるが、これくらいの機材が楽しいのである。
 フィルムカメラはニコンが主でF3やF801くらいまで執着していたから、使えるレンズもたくさんあるのだが、デジタルものはビデオカメラ時代からソニーということで、デジタルカメラはフィルムカメラと使い方のコンセプト(作品をというよりも時を捉える道具として・・・)を替えて楽しんでいる。
 だから、物置部屋には35mm一眼レフカメラや業務用ビデオカメラとともに、いたるところにニコンとかソニーのグッズやアクセサリー関連のものが無造作に置いてある・・・、家族は誰一人興味がないようである。

e0111346_9324511.jpg レンズは、α350と同時に購入したAPS-Cサイズ撮像素子用DT 18-200mm(35mm判換算で27-300mm相当) F3.5-6.3と旧ミノルタ35mm一眼α707に着けていた24-85mm(今度はDT36-130mm相当になる) F3.5-4.5がある。

 使い勝手の良いことはいいのだが同じようなレンズばかり買ってしまった。デジカメは一眼を持つ予定が無かったことから少し無駄をしてしまっている。今は、花などを接写する程好いマクロレンズと大口径の望遠ズームがほしい・・・と山など入りその豪快な遠景を見て思うのだが、ブログ用であって、作風にはこだわっても作品そのものにこだわらないとの自らのコンセプトから欲を出さないようにする・・・

Photo:SONY α55

ご訪問いただき、ありがとうございます。記事が参考になりましたら下の「ランキング」をカチッとお願いします。
『にほんブログ村』人気ランキングに参加しています。
 全国の地方議会議員の活動報告ブログ/人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
 三重情報(尾鷲情報もあり)発信ブログ/人気ランキングは、ここから・・・ 056.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu82 | 2010-11-19 18:11 | 尾鷲よいとこ四方八方

<< 八幡峠を行く(その2) 尾鷲市国民健康保険税率の改定について >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE